WHITE ALBUM 第12話

知らなければ、わからない。


 今回の一話で時間はぐっと、ライブ当日まで進みました。冬弥君がいかに可愛そうなことになっているか、露呈したお話でした。

 見るべきはやっぱ奈々さん。理奈ちゃんが、由綺ちゃんの手紙を読んでいた場面。彼女はあの長い手紙を、すべて覚えてしまうまで読んで、そして冬弥君に聞かせました。

 彼がどれだけ彼女に愛されているのかが、これ以上もう何も語らずともわかる。込められた、手紙でした。

 そんなこと思っているなんて知らなかったから、コンサートのこと教えてもくれなかったから。彼の頭の中はあのときどうなっていたのか。そうじゃない、彼女のせいじゃない。「自分が信じてあげられなかったから」 ただその一つなんだってこと、気づけたのだろうか。

 少しずつカメラが理奈ちゃんに絞られていく。その手紙を読むシーンはその動きはただその一つでした。そして途中音楽が入り、彼女の本当の言葉を彼は聞きました。そして泣いて、どっかいきなさいと言われて、理奈ちゃんには何も告げずに出て行く。どこまで彼は、彼のままなのか。マスターに殴られて当然でした。ってか美咲さんへのあの態度はなに? 相変わらず苛立ちを感じさせるように描かれていて、見事でした(^_^;)
 さらにあの演劇の気持ち悪い人から美咲さんを守ったのが、彼に貸していたあの本。あれはさすがに彰君に同情しました。あれはどうしようもないよ・・・。彼女は無事だった。無事だったけどそれはアイツのおかげ。


 それでも花束持って会場に行った冬弥君はすごいな。ひたすら後悔してくれてさえいれば(^_^;) それでいいです。自分が行ってきたことすべてが彼女への裏切りであり、自分のことしか考えていなかったことだったと、ひたすら後悔してくれれば。

WEB拍手を送る


WHITE ALBUM VOL.2 [Blu-ray]
ABSORD MUSIC JAPAN(K)(D)
2009-05-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック