続 夏目友人帳 第十二話 「廃屋の少年」

守りたいと思う人。


 今回は最終話となる次回へと続くお話となっていました。夏目君が出会った少年、カイ君。彼は何かに追われていると怯えていたため、夏目君は彼を守ってあげようと決めました。

 結果、確かに追っていた妖はいたけれど、実際ずっと彼が感じていた視線はその妖ではなくもう一人の方、名取さんでした。
 夏目君はカイ君が自分と同じ、妖が視える人だと思っていたけれど名取さんから、彼は妖だと訊かされて、、というところで今回はおしまい。


 夏目君がカイ君に対して「つまらない意地を張っていたら、いつか大変なことになる」って本気で怒っていたシーンは、今までほとんど見たことのない一面だったので、少し印象的でした。声を荒げて怒るようなタイプじゃないだけに。

 あと多軌さんも今回再登場でした♪ 比較的久しぶりだった委員長さんはいつも通りあまり良い待遇はされずだったけど(^_^;) 多軌さんは結構活躍してくれたなぁ。委員長さんは自分でいっていたとおり、きっと夏目君のいうことをちゃんと全部信じてくれるはず。でもそうなったらなったで、またべったりくくるかもだし、彼女の性格からすると、割と簡単に危険に巻き込まれちゃいそうな気もします。それは多軌さんも同じかなぁ。


 今期もやはり1クール。でもこの物足りなさがいいのかもしれないなぁ。また間を開けて、トータルだと長い期間、この作品は見ていきたいです。夏目君がようやく、変わろうとしている今と、これからが楽しみです。


 夏目君にとって本当に大切なのは人か、それとも妖か。次回、彼はカイ君とどう向き合い、会話し考え、判断するのか。彼の人と妖に対する今の気持ちが、わかりそうです。

WEB拍手を送る


続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2009-04-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

ケッツアール
2009年03月26日 00:35
仕事先ではテニプリと夏目が人気になっている。

あー終わってしまうのか。。
かなり今回の話は重い話ですな。

ニャンコ先生も見ぬけなかった少年の姿の妖
滅っするとはなんだろ。
夏目を利用して逃げるつもりでいたというのが狙いなのかな。

とは言え、、目に見える妖ってことで友人もいるし、学校にも行っている。
ということは、、、憑依されているということなのでしょうかね。

夏目の行動がどうなるのやら。
これがターニングポイントになるのは間違いないな。

最終話期待してます。
2009年03月26日 07:39
コメント表示遅れました・・。

テニプリ!! 不二が好きです(^.^)

カイ君はこれまでの妖とは違うだけに、夏目君がどう接するのか、ですね。
さらにその選択の先の、今後の夏目君が見たいです。またすぐ再開してくれること期待です。

この記事へのトラックバック

  • 続 夏目友人帳「廃屋の少年」

    Excerpt: 続 夏目友人帳「廃屋の少年」です。 妖に祟られたのでもないのでしょうが、風邪を引 Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2009-03-25 22:23