WHITE ALBUM 第9話

大好きな先輩


 美咲さんとの演劇用衣装、小道具製作は、徹夜もしながらなんとか完成にこぎ着けることができました。あの父、ただ優しい父だったということなのか。にわかに信じがたいがw それ以上のことはなかったのだから、そうだったんだろう。

 にしてもあの田丸って奴はとことんいらない人でした。でもあーいう人間って調子よくその先の人生も進んでいくんだろうな。いつか痛い目見るまで。

 そいつに嫌がらせされて、でも結果的に美咲さんと二人っきりで演劇を見ることとなった冬弥君。暗がりの中、彼女の告白に彼はキスで応え、そして別れることとなりました。

 彼は彼女が自分のことを想ってくれていることに、彼は気づいてはいませんでした。そこは正直意外でした。そんなに鈍感な人ではないと思って見ていたんだけど、彼にとって彼女はずっと前から、あこがれであり、大好きな先輩、で止まったままでした。
 彼の告白は、彼女が告白したからつい、自分も、と乗って出てしまった言葉に過ぎませんでした。

 彼女の物語はとても険しく、自ら茨に入り込み、それでも尚突き進むだけの想いがあったように見えました。でも最後の最後には折れてしまった。。それは愚かなことだと思ったのか、それとも無意味なことだと思っていたのか。それとも、もしかしたら彼が・・・、と思っていたのか。

 彼ができたことは、友人を、彼女のことを本当に想っている彼を、向かわせることだけでした。彰君はそれでも、良いと思って行ったのかな。彼の境遇も辛そうでした。


 今回は少しの出番だったはるかちゃん。次に期待です。それとマナちゃん。女の子が髪をたくし上げる、長い髪を自分で持ち上げるような仕草は、魅力を感じる(^_^;) 結構かわいかったです。彼女のお話って用意されているんだろうか。

 それと由綺ちゃん。もうすれ違う時間の方が長くなっているけれど、あの手紙には何が。。

WEB拍手を送る


WHITE ALBUM キャラクターソング(1)
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
2009-04-01
森川由綺(平野綾)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック