劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇

天の光はすべて星



 先日紅蓮篇はレンタルにて見た上で、こちらの螺巌篇は劇場で見てきました。またパンフは買えず(泣)

 TV版を再編集しつつ、こっちの螺巌篇は、大筋のストーリーこそほぼそのままでしたが、中身は新しくもでもやはりグレンラガンの魂は込められていました。

 何よりも熱く、しつこくw そして熱く。この作品が持ち合わせている諄くも一本筋道通った熱さが、ひしひしと感じられた作品でした。

 TV放映時よりキタンとヨーコの扱いが1ランク上がってたかな。この作品の主要キャラ、っていうと常にアニキが1番で2番がヨーコなイメージ持ってから。

 あと忘れちゃいけないのがヴィラル@檜山さん。彼の熱さがあって本当に良かったです。特に後半にあたる今作、アニキがいない分を、作品を、という意味でがっちり引っ張っていってくれた。そこにキタン@きーやんも熱く参戦していて、何度も何度も盛り上がりを作れていたと思います。

 そんな彼らに大いに支えられて、シモン君はがんばってくれました。ぶっちゃけ彼にカリスマ性は低く、引っ張っていくタイプのリーダーじゃない。でも大勢に支えられてがんばれるリーダーもありだと思う。彼はそんな印象が強いです。



 同じ台詞が何度も出てくるしw 同じような場面が何度も何度も出てくる。もういいよ、もう飽きたよw ってくらいに重ねてきて、最後の最後の最後に、ちゃんと勝ち取ってくれる。王道を越えたものが出来上がっていました。


俺を信じろ!お前を信じる俺を信じろ!!


 他にも名言はたっくさん集められていたし、ここぞという場面で流れ、蘇る名曲。しょこたんの楽曲もこの作品のために生まれたと感じさせられる。


 どんなときでも諦めることはない、そんな言葉知る由もない。彼らの強さは天をも貫く一本槍。多くの力が合わさって、不可能を可能にして、そして明日という日を切り開く。自分たちの足で未来への道を歩み進める。それこそが生きること。


 ここまでできればもう何も思い残すものはないだろうなあ(^_^) この作品を好きな人であれば、誰もが納得いく見事なまとめになっていたと思います。レンタル始まったら是非また見てみよ。あ、ロージェノムかわいかったw

WEB拍手を送る



涙の種、笑顔の花(グレンラガン盤)
SMR
2009-04-29
中川翔子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック