夏のあらし! 第6話

その人がそこにいたという事実が変らないのなら、
顔を見に、声を聞きに、何度でも飛んでしまいたくなるのかもしれない。


 カヤさんも晴れてこの時代での「通じる」相手が見つかりました。彼女は女性としか通じないことは既にわかっていたことらしく、そのため今回潤君と通じてしまったことで、淳君が女の子とだということがカヤさんに知られることともなりました。


 最初はちょっとからかった?だけだったつもりが、一気に戦時中へとタイムトリップしたお二人。そこでカヤさんは、想い人でもある当時の方舟の、店長さんと出会いました。

 潤君は二人のやりとりを見ていて、すぐに二人が互いに好きなんだということを察し、ここが60年前であることはもう頭になかったのか「なんではっきり言わないの?」とカヤを問い詰めました。
 そんな彼女の言葉に対し、カヤさんは哀しげに"これまで"のことをお話ししてくれました。
 彼がもうすぐ空襲で亡くなってしまうことを知っていながら、自分は何度も彼を見殺しにしてきた。なぜなら過去は絶対に干渉してはいけないから、と。

 カヤさんの真剣さは嵐さんには皆無に見えます。もちろんはじめちゃんも同じ。彼は何も考えてはいないから当然か(^_^;)

 何を持って「過去を変えること」となるかは、今のカヤさんに知る由もない。つまりどうなるかわからないから、わからないということ。
 そのことに対して嵐さんはどう考えているのかは、この先わかるかな。

 少なくともカヤさんは今の現実在りきで、絶対に過去は変えていけないと考えていました。
 じゃあ彼女はただ傍観したいためだけに、通じる相手を捜していたんだろうか? タイムトリップしてしまうこと自体への危険性は置き去りにして? じゃあ何のためにこの力は備わっているのか。嵐さんはこっちの考えかもしれないなぁ。

 過去は変えてはいけないけれど、「戻れる力」があったとしたら、「関与できる力」があったとしたら、いくら頭でわかっていてもどうすることもできなくなるかもしれない。ましてやそれが愛する人のためだとしたら。。


 今回も多くの介入をしてしまったけれど、結果どうなったのだろう。過去に介入したからといって、どうなるかはわからない=実は何も変らないかも、っていう可能性も秘めているのだろうか。今のところ、とてもじゃないけどそうは考えにくい(^_^;)



 EDは以前も流れていた(記憶にないんだけど(汗) うりょっちの「ひと夏の経験」かなり彼女の声質に合っていたように思い、何度も聞いてしまいました(^.^) OP,ED,挿入歌で1枚にまとめてくれたら買いたいです。

WEB拍手を送る



夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]
キングレコード
2009-06-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • (アニメ感想) 夏のあらし! 第6話 「恋におちて」

    Excerpt: 夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]クチコミを見る 女性を冷めた目で見つめ、常に一定の距離を置いて接している潤。触れられることを嫌がった潤に対し、カヤは「男のくせに情けない」と無理矢理そ.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2009-05-12 02:36