ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)

何度でも。


 もちろんDVDは購入済みでしたが、せっかくなのでBlu-rayも記念に。もうエヴァに対する浪費、もとい消費はあまり躊躇がないです。こんなにも年月が経っても尚、踊らされる環境が生まれることに、既になぜか嬉しさを感じるくらいどうかしてる。

 最近ほとんどBOXとかには手を出していないせいもあるけれど、今となってはすべてが「記念」であり、現在展開されている劇場版の宣伝なんかはすべて「祭」感覚。もうあの頃のブームとかはいらないから、内なる世界で盛り上がってくれればいいです。本当に好きな人だけが楽しめるようになっていればそれで。


 「1.11」での変化は調べてもないし、気づけてもいない(汗)普通にまたもう1回見ただけでした(^_^;) 劇場版はまだ2,3回にはなるけど、元となるTVアニメ版は何度見たのかわからないのに、目新しいことしかないこの劇場版。この劇場版だけの設定を掘り起こすことも、楽しみでなりません。全景を知りたいと思う数少ない作品なので、関連雑誌、書籍なんかも何年ぶりか手にするしかないかなw


 いよいよ来月から公開となる「破」。今回の「序」とは比較にならないくらいの再構成がされているだろうし、もはや再構築、別物w になっていそうです。新章、新説、設定だけ汲み取ったオリジナル。すべては原案者が行ってくれているだけに、どうなってもまた出会える喜びと期待しかないです。

 今生まれているアニメを制作している人たちとは、当たり前に世代の異なる方達が根底を作っているからこそ、今、アニメを見ている世代に訴えられることの大きな違い。何がオリジナルであるかという無意味さ、どこをどう楽しいと感じるかさえわかれば、あとはエンターテイメントでしかないという事実。受け入れられると良いです。

 ほんとこの作品と出会わなければ生き方は変わっていたと思う唯一の作品なので(^_^;) まずは来月が楽しみ。期待しています。

WEB拍手を送る


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
キングレコード
2009-05-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ケッツアール
2009年05月28日 22:49
買いましたよ。ブルーレイの方。

まさに祭ですね。
分かる人達で盛り上がるつう世界になってます(笑)

ただ、破はかなり違う内容になるので賛否両論出るらしい。

6号機ってカヲル君が乗るんでしょうか。
よくよく見ると棺みたいなものがあってカヲル君は4番か5番あたりだったような。
ゼーレ側のエヴァのパイロットつう感じ。
あれは月ですよね。
んでリリスがあると、仮面違いの。

再度観てみると、リリスとの契約で使徒を倒すことになってますね。
結果的にはリリスを守ることがネルフの真の任務つうかな、ミサトはそうゆうにしか聞いていないのは事実だろう。

話によるとアスカよりもカヲルの方がメインになるみたい。謎キャラだからな(笑)
さぁカヲルはどこら辺で出てくるのか。敵だったら笑えないな。。
2009年05月29日 21:39
 楽しく見て行ければいいですね! 気にしようとするとほんとたっくさん気になるところあって。でも当初から見ていた人たちからすると、もうこの期に及んで賛否 はあまり起きない気がしてましたが、そうでもないですかね。変わらずの人気っぷりを見ると。
 1つずれている使徒のナンバリング。あっさりと出たセントラルドグマ。白い巨人。月での巨人。カヲル君。カヲル君はどこでしょうね。いろいろやっぱ"数"が合わないんですよね。。

 なんか今回のと関係がないんですが「シト新生」が見たいです。これだけDVD持ってないんで・・。
ケッツアール
2009年05月29日 22:30
五号機が仮つうのが付いてますな(笑)
しかも四足。。

これって宮崎アニメに出てきたロボットを意識しているのかな。ルパン三世の最後の方でも宮崎監督関わっていてロボットと少女が出てきます。
やはり宮崎監督の影響が出ているのかな。

今だに分からないんですが、エヴァって電気で動いてますが暴走を防ぐ処置のためなんでしょうかね。と言っても暴走するんですがね(笑)
この謎は解けるのかな。

あー、やっぱトウジは☆になるんかな。あれが起きないとシンジは覚醒しないんだよな。つうても、前作では学校の生徒全てが候補者だったわけで、シンジと親しくしなければトウジは☆に成らなかったかもとなるのだけれど。

アマアラシのジレンマつうのは間違いだな(笑)
アマアラシって群で生活しているらしい。頭の方には針は無いわけで近づいても刺さらないんだわ。リツコの名言は事実に反したわけだ。
2009年05月30日 14:12
 宮崎監督は尊敬されてはいたようですが、影響は受けてたんですかねえ。
 零号機の場面を見ると、暴走時間短縮には役立ってましたね。トウジは果たして・・・
 ここでの「ヤマアラシのジレンマ」は心理学用語の1つみたいです。実際のヤマアラシはそうなのですねえ。アニメが終わったとどんどんでた未公開な設定、武器が出てくるの楽しみです。

この記事へのトラックバック