極上!!めちゃモテ委員長 第12話

おしとやかなかわいさと、元気なかわいさ。



 今回のモテ子を目指す方は小学五年生、由羽ちゃん。由羽ちゃんは見た目も行動も男の子らしく、明るく元気でかわいらしい女の子。でもある時好きな男の子が、委員長に見とれているところを見てから「自分も委員長みたいにおしとやかな女の子になる!」と決めました。
 そして早速委員長に弟子入りし、モテ子になるためのレッスンが開始。

 委員長は多少、今のままでも由羽ちゃんは充分かわいいのに、と思いつつも、彼女たっての希望だったので、みっちり指導してくれました。その結果ばっちり彼女は清楚でおしとやかな女の子に大変身。
 でもやっとがんばって委員長に近づいたというのに、意中の男の子 大樹君には「前の由羽ちゃんの方がいいな。」と言われてしまい、大ショック。。 大樹君に悪気はないし、勝手に由羽ちゃんが振り回されていただけなのだけど、子供だからこそ、はっきりきっぱり言ってくれるだけましかな(^_^;)

 ちょうど委員長も、波人君にも言われたことがきっかけで委員長は、やっぱり由羽ちゃんはあの元気さ、男の子っぽいボーイッシュなかわいさを磨いてあげて、モテ子にしてあげようと考え直してくれたので、再度ミラクルチェンジ大作戦開始!!

 いくらモテたいからって、何も必ず好きな相手の趣味に合わせる必要なんてない。むしろ"自分らしさ"がなにかを、自分自身で理解し、そこを磨いていくことが、モテ子への道でもありました。

 今度かわいさとボーイッシュさをちゃんと兼ね備えたコーディネイトをしてくれた委員長。いつもながらパーフェクトです。あれはかわいい(^_^) 何よりも「似合ってるよ」って言われるのが嬉しいよね。


 小学生だろうと何だろうと、パーフェクトにコーディネイトしていただけます。本当におばあちゃんが相談しにきたらまた異色なお話になりそうw

 ラストはつい、昔の元気さが出てしまって豪快なゴールを決めていただけました。「まだまだ修行が」なんてかわいらしい反省では絶対に治らないことでしょう。さすが委員長、なんて言葉でも済まされませんw



 大樹君役はすぐにわかる小狼@くまいさん。由羽ちゃんはゆうゆでした。ゆうゆは本当に男の子と女の子も全然違った声質でいつも演じ分けができていて、気づけない時が多いです。。プリキュアはほとんど見ていなかったから、いつまでもレントンがまず浮かんでしまう(^_^;)


 今回の真奈さんもかわいかったなあ。実写コーナーは実写コーナーで楽しみな番組は珍しいです。

 次回はメールでの恋物語? 同じ言葉であっても文字で伝える方法が違えば、伝わる印象も変わるよね。

WEB拍手を送る


めちゃモテI LOVE YOU(初回生産限定盤)
TNX
2009-05-20
MM学園 合唱部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック