CLANNAD AFTER STORY 「もうひとつの世界 杏編」

「わかってたのに、お姉ちゃんに相談しました。」


 杏編とあるものの、実際には藤林姉妹とのお話を凝縮されていました。これを見てしまうと、椋ちゃんの幸せなエンディングがどうしても見たくなります。


 姉が自分のために気持ちを抑えていること。椋ちゃんはそれをわかっていた上で、彼女はそうはしなかった。好きな人のために自分を抑えることを優しさとは捉えず、相手のためとも、自分のためとも考えていませんでした。

 椋ちゃんは朋也君との時間を、心から喜んで過ごしてくれていて、朋也君もまた、初めての彼女、初めて自分を必要とされていることに嬉しさがあった。

 でもいつしか彼は、彼女の先に、別の人を見るようになっていました。
 彼が杏ちゃんの気持ちを知ってしまい、自分もまた、杏ちゃんのことを想うようになっていたから。

 尽くしてくれようとしてくれる。理想に近づくためにがんばる。椋ちゃんの想いは本当に優しくて、かわいくて、健気。あんなかわいい娘にそこまで想ってもらえる幸せって、絶対に貴重です(^.^)

 それでも朋也君は彼女ではなく杏ちゃんを選びました。椋ちゃんの気持ちも痛いほどわかっていたけれど、彼が求めていた理想は、椋ちゃんの中にはなかった。。どんなに、どんなにがんばっても無理なんだと気づかされる瞬間って、自分を否定されることと等しく、想いがいくら強くても、伝わらないときは必ずあるのだという現実に、くじけそうになってしまう。

 春原君がいっていたとおり、最初からこの恋は、二人のうちどちらかを傷つけることがわかっていた恋でした。春原君の言葉って、いつも現実感が異常に強いな。。


 自分のことを大事にできない人とは、きっと思いやりや優しさについて理解し合えないと思うし、彼等は誰一人として、相手のことを考えていないわけでもありませんでした。苦しくても、辛くても、それでも・・・、という気持ちが大きい人が、掴める人にはなってしまうのかな。


 杏ちゃんのショートカット姿が見られたことも大きかったけれど、終始藤林姉妹がかわいくて、見ること出来て良かったです。椋ちゃんが泣きじゃくっていたところが切なかったなぁ・・・。椋ちゃんの笑顔を見たいからやっぱ原作だろか(^_^;)

WEB拍手を送る


CLANNAD AFTER STORY 8 (通常版) [DVD]
ポニーキャニオン
2009-07-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック