LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 宙のまにまに 第4話

<<   作成日時 : 2009/07/28 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

満天の星空。


 天文部で合宿。Aパートでは合宿直前での一幕。
 あまりに美星ちゃんがべたべたと朔君にくっつくもんだから、姫ちゃんがつい、「朔君のことどー思ってるんですか!!」と勢いで訊いちゃいました。すると美星ちゃんは笑顔で「好きだよ!」との返答。 流れ上それはもちろん「みんなも同じくらい好きだよ」の意。でもはっきりと「好きだよ」って言葉を聞いてしまったのは事実なので、朔君は激しく動揺されていました。

 その動揺を引きづったままBパートでは、とある湖畔にある合宿所へ! 小夜さんのブロマイドはどうすれば入手できるかを知りたい。特典とかだろうか。とりあえずWebに上げていただけるとありがたい。。

 合宿はなぜだかふーみんのいらっしゃる文芸部もご一緒だったけど、宿泊先は別。たぶん実績、部員数、それと普段の態度やら素行やらw で、天文部は廃墟としか思えない家屋へ。。が!、そこで美星ちゃんの隠された能力が開眼。なんとお一人で見事普通の旅館へと変貌させることに成功しました。美星ちゃんは星がかかっていれば、なんだってできちゃう子なのだろうか。その情熱はもう尊敬に値します。彼女の並々成らない星への熱意は、2話目くらいでもう完全に飲み込めました。
 多少異常と思われるほどの(^_^;) 強い想い。そして先走り気味な行動力は、憧れることができるほどに、素敵なところです。


 天文部の本番は夜なので、即座に昼寝。
 ただはしゃいでいただけにしか見えなかった写真部の江戸川君は、その夜、日焼け全開ながらw ちゃんとカメラでの星空撮影を心得てくれていました。知識ないけど、あーすると写せるんだなあ。一眼レフ欲しいなぁ。

 ごはんも食べ終わっていよいよ本番。美星ちゃんはみんなを湖畔へと連れて行って、そこで空一面に広がる天の川を見せてくれました。こう、毎回毎回紹介されるとだんだんと星が見たくなってくる(単純(^_^;) いつか「星を見る」という目的だけで、出かけてみたいです。

 その後夜が明けるまでみんな星を見て、明け方宿へ。もう雑魚寝していたもんだからw ふーみんが激怒して今回はおしまいでした。


 姫ちゃんの恋はまだまだ、って思いたいなぁ。いつか「やっぱ先輩には勝てないや」って諦めちゃうのかなぁ。是非頑張って欲しい。今はまだぜんぜん見込みも脈も感じられないけど、せっかく部活にまで入ったんだからね。


 次回はそのまま今回の続きのようでした。雑魚寝してただけで不純異性交遊とか言われるのか!? どこの時代の人だ。時代は関係ないか?w
 ふーみんの出番がより多くなっていそうでした。彼女って何がしたいのか、できるのか、イマイチわかってないから、そろそろ見えてくるかな。単純に目の敵にしているだけなのなら、それでもいいんだけど、、

WEB拍手を送る


宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


宙のまにまに 第4話 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる