亡念のザムド 第十八話 「そこから何が見えるか」

ハルちゃんは最高に、いい女。


 ここ最近、アキユキ君は主人公の影も見受けられない(^_^;) 代わりとなるべく主人公が今回より始動です。彼女の名前は西村ハル。彼女の目的はただの一つ、アキユキ君のところへ行くことです。


 ハルちゃんはアキユキ父たちの力を借りて、ナズナを通して教えてもらったアザミの言葉を受け、一路アキユキ君を捜す旅へと出ることになりました。旅立つ直前、ミドリちゃんとも会うことはできたけど、ミドリちゃんにはハルちゃんの心はもう届いていませんでした。ハルちゃんはそこで決して諦めたわけじゃないのだけれど、今は自分が何も言えないことは間違いないと思い、そのまま別れたんだと思う。必ず、また話せると信じて。


 テシクの郷へとたどり着き、クジレイカと再会したナキアミ。彼女は過去その郷を抜けてから今に至るまでの経緯をクジレイカから聞かされました。そして彼女が聖地 胎動窟奪還を目論んでいることも聞いた。

「そこから何が見える?」

 ナキアミが案内されたその場所で、クジレイカは黒い塊をかじり自らザムドになったことも明かされました。力を得るため、自らの崩壊が約束されていたとしても、彼女には継ぐ血がなかったから、長となるには力が必要でした。
 彼女は「もう」恨んでいないとも、ナキアミに告げていました。クジレイカの運命はナキアミによって大きく変えられたことは紛れもない事実であり、そのことをナキアミも理解していました。だからナキアミは後ろめたさも少し持っていました。
 それでも彼女は・・・


 アキユキ君はまだまだ名前を思い出したくないご様子。目玉の台詞が徐々に増えてきました。時は動いています。

 そしてしばらく動きのなかったザンバ二号にも、動きが出てきました。二人だけで何ができるか。それはまだわからないけど、決着、けじめ、ケリをつけるため伊舟と雷魚は戦地へ赴く決断を下しました。


 一番最初に見たときも思ったんだけど、今回、そして次回までの間のエピソードがもう2,3話見たいな、って思います。つまりハルちゃんのお話。きっとかなり無茶してそれでも乗り越えて次回までたどり着く、って思っています。いつか再度エピソードでもあり得るのなら(^_^;) この間を見たいな。

 想いは思うだけでは叶わない。
 想いは行動に移してこそ、初めて叶う可能性が生まれる。

 ハルちゃんの一途な想い。次回も楽しみです。

WEB拍手を送る


亡念のザムド (2) [Blu-ray]
アニプレックス
2009-08-26
TVアニメ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック