懺・さよなら絶望先生 第9話

そして、すべての子供達におめでとう。


 一つ目は急場凌ぎ力を問われつつ、奈美ちゃんにおめでとう。そしてありがとう。

 急場凌ぎはいわばその場凌ぎ。その場の状況だけを乗り切ることを目的とした、場当たり的で、それでいてなかなかうまいことはいかないこと。時として「急場凌ぎにしてはよくやったよ」なんて褒められたり「急場凌ぎだったからね」と慰められたりすることもできる、割とその時の自分だけは、助かることのできる術。
 この咄嗟の判断力は必要な能力と思いますが、常日頃、どんな問題にも急場凌ぎだけで突破しようとする心意気の方は、もはやそれは評価には値しません。今を生きる、とは違うことです。計画通り行かないことと、無計画で挑むことは別です。

 先生は再び惨殺されて、再び展開は猟奇的な方向へ。と、くれば主人公はもう千里ちゃん以外にはあり得ません。また力が発動して、多くの方が滅し、クラスメイトはもちろんのこと、千里ちゃんのご両親もぬいぐるみとなり笑顔で終り。床下暖房の一節は蛇足とわかっていて、敢えて描いてくるところが魅力です。


 二つめは社会においての正解と不正解について、ずばっとクイズがスタート。
 何が正解なのかは常日頃見失いがちです。正しいと思うことをして褒められる世界はもう、この世にはないのかもしれません。正しい人がもう誰なのかわからないし、信じるに足る人がもう誰なのか、どうその人を判断してよいのかさえわからない。自分を信じて、慎重に慎重に。。誰もが傷つきたくないから。
 制限速度はルールとはいえばルールだけどね、流れってのもあるしね。常識的判断力が問われると思います。
 ここではかなり自由に政治・時事に着眼されていました。明日は投票日です。

 タイムトリップからのお話はかつてないシュールさを感じたけど、見直してみるとそうでもなかった。でも三期の中だとレベルは高いように思います。


 三つ目は飛距離について。最近ジャージ自体を着る機会がないけれど、部屋着でどこまでいけるか、っていったらやっぱ一番家から近いコンビニくらいだよなぁ。電車は乗れない・・。奈美ちゃんと一緒(普通)
 そしてまた裸w それしかないとは思えないから、敢えて同じネタに収束させようとしているのか。なぜブラつけてるんだ。。
 ここでまたちらっと霧ちゃんが出てくれてました。いつもながら霧ちゃん@谷井さんかわいいです!! 次回に続いてくれるといいな。


 絵描き歌は彩陽さんとお姉ちゃん。彩陽さんのはずしっぷりはどういう了見か気になるところでもありました。お口がさかなです。

 今日のアニスパには絶望少女たちがずらっとゲストで来てくれていました。みゆきちはほんと達者で何よりです(^_^;) ゆうさんのローテンションなところを一度見て見たい限りです。また次回もお楽しみです。

WEB拍手を送る


懺・さよなら絶望先生 第一集【特装版】 [DVD]
キングレコード
2009-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック