うみものがたり ~あなたがいてくれたコト~ 最終話

取り戻し闇の心。そして光の心。



 思わぬ変身っぷりに最初は意表は突かれたものの、こちらの作品はやはり当初のイメージ通り、大変心に伝わる作品になっておりました。ラストの阿澄さんの演技には魅入られてしまった。あすみす、これからも好きです。


 マリンちゃんがウリンちゃんを思っていた愛の大きさは、海よりも深く、空よりも高く大きく、光り溢れるものでした。

もっと一緒にいたい。愛してるといってほしい・・・
本当はさよならなんか、したくない。

 セドナを生みし闇の心。それは誰しもが持っている"普通"の心。人は誰でも光りの心を持ち、同時に闇の心も必ず持っている。その心が一時、闇に大きく傾きかけたとしても、必ず光りの心を持ってそれを押し返すことができる。それもまた、本当は誰もができること。
 ただほんの少し、そのやり方を見失ってしまうときがあるのも事実で、もう全部、そういうの全部ひっくるめて人は生きている。うまくいくことの方が少ないと割り切って、一人でダメなら二人で。そう考えて行動に移せるのも人の心と思います。


 ウリンちゃんは無事、マリンちゃん夏音ちゃんの心を持って、闇を打ち払うことができました。カメ、意外にリアリズムな気がしたよ(^_^;)

 最後には夏音ちゃん@ぶきみんの「好きだよ!あいしてる!」も聞くことができました♪ 心がこもっていて、ぐっときてしまいました・・・。たった数秒のお別れの場面だったのにな・・・。

 本当に楽しめた作品でした。ぎぶりんを知ることができたってことも大きいし、癒される様々な楽曲。時折のデフォルメなところとか、何よりみんなかわいいところ。海のみなさんは露出大なところ。大島も最後出番あってよかったね。


 TV放映は終ってしまったけれど、ラジオはまだもう少し?続くみたい。先週更新された回ではみゆきちがゲストにきてくれていました。そんでぶきみんのお誕生日も祝ってくれて、なかなかにスペシャル。その場には来てはいなかったものの、ギブリンからのプレゼントも受け取って(笑)ぶきみんとっても嬉しそうで何よりでした。果たして次にジャマミンを手にするのは誰か・・・。


 海と空。どこまでも青い、どこまでも広いその二つの世界。いつかまた、という気持ちはあります。またどこかで、満面の笑みで「あいしてる!」と元気よく叫ぶマリンちゃんが見てみたいな。
 この作品も最後まで見れて良かったです。奄美、一度は行ってみたい!!

WEB拍手を送る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック