しゅごキャラ!!どきっ 第102話

価値のないものなんてこの世のどこにもない!!


 暴走した×たまたちをあむちゃんたちは全員で止め、ひかる君を助けることもできました。そして光を失ったエンブリオが再びひかる君の手元へと帰ってきた。そして再び、光りを取り戻しました。

 エンブリオと思われていたそのたまごは、それはひかる君の心のたまごでした。そのたまごはひかる君へと戻り、彼は無事、心を取り戻すことができ、イースターとの一件はこれにておしまい。無事すべて解決、となりました。

 イクト君に力を貸していたあの真っ黒たまごは、彼の父、アルトさんのものだったんなぁ。


 誰もが持っているこころのたまご。
 誰もが物語の主人公。
 なりたい自分は誰かが叶えてくれるんじゃない、
 自分で、叶えなくてはいけない。

 自分で見つけて選んで、一歩一歩近づこうと努力すること。
 哀しいことや辛いことはきっとあるけれど、
 それに打ち勝つ強さもまた、誰もが持っているから。


 大きな、とても大きなお話でしたが、本当によくまとめられていました。一つのテーマをこれほど丁寧に、一貫して伝えてきてくれたこの作品、とっても好きになれたなあ。Bouono!も好きになれたし今回のED「ホントの自分」もとても良かった(^_^)

 アニメとしてはちょうど丸二年。当初はこれほどの大作になるとは思ってもいませんでした。ストーリー自体の完成度の高さ、数多くのとてもかわいいキャラたちがそれぞれ活き活きとしていて、メッセージはちゃんとお話の中で語られて、きちんと伝えてくれていました。

 相当数のキャストさんたちもみんなが豪華で、特に歌唄ちゃんは大きかったです。奈々さんであんなかわいいキャラって、自分としてはフェイト以来だったんで、もう歌唄ちゃんが出る、って回はそれだけでかなりテンションが上がりました。

 そして一番はやはりあむちゃん@伊藤かな恵さん。初主役、初レギュラーでここまでの活躍という実績は、非常に大きなものになったと思います。彼女の明るさ、元気さが本当によく現われていたし、途中から彼女があむちゃんに近いのでは、と思うほどでした。


 二年はやはり良い意味で長かったです。また是非各地でリピートとかされて、より多くの子供達に見てほしい。そう思いました。

 自分を見つける、というと本当は難しくて、そう簡単にはいかないものだけれど、なりたい自分を常に持つことはきっとできなくはないはず。それがどんどん変わっていっても全然良いと思うし、大事なはいつも持っていて忘れないことじゃないかな。それはつまり心を持つことであり、育むこと。そして「夢」を持つことだから。



 そしてそして大きなお話は終ったけれど来週からは三期へ。予告を見るとだいぶ様変わりしそうで、これまでのアニメパートは半分くらいになっちゃうのかな。実写パートが果たしてどれくらいの尺なのかも気になるところです。ここは是非、恥ずかしさなんて吹き飛ばしてかな恵さんたちが自らコスプレでもよかったのに(^_^)

 ともあれ、次回からもまたしゅごキャラ楽しみに見ていきたいと思います。

WEB拍手を送る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック