劇場版 空の境界 殺人考察(後)

それはずっと夢のような日々。
欲しいと思っていたものは、その日々の中、
ずっとずっとすぐ側で、とても無防備に、
好意を持って在り続けていました。


 最終章。最後であるに相応しい収束、そして副題の名の示すとおりの考察。導き出されたのは、一人の変わらない想いが勝ち得た、愛するという形。


 白純里緒が見出したかった仲間。その唯一が式であるとの想いから、殺人鬼は覚醒を果たし、すべてを式のせいにしてアピールを始めた。それは過去の続き、延長であり、終わらさなければならなかった式の現実。
 彼女はとうの昔に、もう始めなければならないと思っていたし、彼が待っていてくれる世界に憧れもしていた。
 あと、彼は自分を愛してくれてもいた。

 だから彼女は守り、戒め、これまで来れた。だからこれからも彼女は守り、戒め、未来を二人で、歩いていけるはず。その想いが里緒君の狂気から身を守りました。

 しかしその絶対の存在である幹也君が消えてしまったと知ってからの式は、文字通り世界を失ったかの如く立ちつくし、目の前のそれを"仇"として葬りました。

 彼が背負ってくれた彼女の罪。その罪は二人で背負い生きていく。責任を持って彼は彼女を支えずっと側にいてくれると約束してくれました。



 殺人と殺戮の考察はとても興味深いものでした。他人を殺して自分も死ぬのが殺人。そうじゃないのが殺戮。殺人を犯せば自分が死ぬ。だから人は一生で一人しか殺せない。そして人は一生で必ず一人を殺す。橙子さんはすべてを達観しているようで、ちゃんとその人その人の答えを模索して思案してくれているように見えて良かったです。いろいろ相談したいです(^.^)


 劇場映画での全七章。かつてないスケールで繰り広げられたこの世界は、忘れることはないと思いました。最初は音楽がきっかけにはなったけれど、それは最後の最後まで変わらず好きでいられたし、そのストーリーも納得のいく、それ以降で繰り広げられる多々生まれる新たな世界の"根底"が見えたように思いました。
 制作側の意気込みも凄まじいものがあって、映画はこれで一旦終わるのだろうけれど、まだもう少し、という気持ちは残りました。現にまだ本はあるし!



 式が求めた安らぎ。それはいつも彼女の手のすぐ側に在りました。それはとても温かくて、とても愛おしくて、かけがえのない彼の掌。幹也君が彼女ぎゅっと抱きしめた場面が彼らしくもあり、良かったです。

 もちろん出会えて良かった作品でした。また是非ともこの素晴しきスタッフによる作品を見てみたいです。本当に夢のような一時でした。

WEB拍手を送る


劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]
Aniplex Inc.(SME)(D)
2009-12-09


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケッツアール
2009年09月04日 22:36
早いな~(笑)
DVDまで待つと思ったのに、マジ私は空の境界奨めてよかったって思ったよ。

劇場には色んな雰囲気の人いたな、アニメ好きも中にはいたけど普通の一般的な人も(笑)
その人居なかったら映画館行けなかった(笑)方向音痴には有り難いことでしたよ。

劇場版でも、しっかり観客を引き付ける魅力があったんだと思う。
元は本ですよ、漫画じゃないのが凄い。
まぁ電撃ブック系列はアニメになってますが、コミケで発売されて単行本になって映画になったというプロセスは無いと思う。

未来福音に繋がるのかな。
それとlainというアニメご存知?
それのブルーレイ化が進められています。
なんか再製作もしないとダメみたいらしく、凄いことになりそうな予感。
まだ見てないならYouTubeあたりで見てくださいませ。
美的センスと映像、音楽が斬新です。世界観も異質ですから、好きになりますよ。
2009年09月05日 20:15
なんか前から行こう、って決めてたんで行ってしまいました。ついでにエデンの前売りもゲット(^_^)
原作が小説でそこまでの映像化ができる点だけでも、すごい作品と思いました。

lainはオンエア時に見たっきりです。かなり好みが分かれるタイプの作品ですよね。確か年始にCSで録画したのがありますが見返すまでには未だ至っておらずです。。
再制作はファンとしては嬉しいところですよね。その分価格も高めかもだけど。。
ケッツアール
2009年09月06日 00:14
本日、新ライダーか。
まだよく見てないんだけど、最近脚本と監督があまり変わってないんですよね。

マニア向けのライダー、皆から金集めて制作費調達して作れないものか、確か俳優の京本さん好きだったよな。

話が大分それましたが、私は前売券買ったんですよ、空の境界のね。
だが、現実には予約して席確保しないと見られないわけで、前売券は損した気分なのだが(^-^;

本当に迷子になりましたから池袋で。。ビックカメラの近くだと地図に載っているのが間違いだね。
ビックカメラがマジいっぱいある(笑)
ロッテリアの先にあると言われたら分かったよ。

LUNEさんはどちらでご覧になったんでしょうか?
池袋のシアター狭かったな。。大きい箱に入った気分だったな。
2009年09月08日 00:06
新ライダー起きたら半分過ぎててw 後ろ半分だけ見ました。なんか全く別物と思えば見れました(最近こういうの多いw)

自分も池袋ですよ! あの周りだけは結構行くのでこれといって迷わずいつも通りでした(^_^;) 平日で封切りからほぼ一ヶ月経過もしてたから、がらがらですんなり。狭いので自分も好んでは行かないです。。エデンの前売り(x2)買って帰りました。エデン総集編観にまた行く予定です。
ケッツアール
2009年09月08日 01:02
ただ、最近のライダーってヒロインが代わったりとかあって事件多いですね。

今回もヒロインに対する風評がすでに巡ってますよ。ただ、それが実際にあった話だとしたら、番組は打ち切りか、なんてことも言われてますね。

話題を作る一方では風評被害が大きいわけでして、アニメも例外とは言えなくなりますね。

新作の映画、アバター。
マジ凄いです。世界観が凄いし、メカニックと生物のギャップが凄い。
3D映画の先駆けなんて言われてますよ。
3Dテレビが来年には出るらしいですね。
アニメもどうなるやら。
攻殻の3D凄そうですね。
2009年09月08日 22:46
 純粋に作品だけ見ていたい、という思いはあっても、いざ耳に入ってしまうとなかなか、拭えなくなります。知らなければいいってわけでもないですしね。。

 3D技術は徐々に迫ってるんですね。ブラビアが対応してPS3も、って。アバター、かなり気になります。

この記事へのトラックバック