LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第28話

<<   作成日時 : 2009/10/18 18:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

再誕 強欲のグリード。


 エドの理論はそのまま現実となり、無事全員で元の世界へと戻って来られた。しかしその場所はちょうど軍本部の真下。おとうさまのところで、加えてスカーたちも来て、一気に一同が介すこととなりました。


 おとうさま。その容姿はエドたちの父、ヴァン・ホーエンハイムと同一といってもいいくらいに同じでしたが、別人には違いなかった。さらに彼は何のモーションもなく術を発動するばかりか、アルの失われた手も、装甲を引き延ばすことなく再生させ、さらにエドの骨折も瞬時に治してしまった。

 思わず恩を受けてしまったけれど、リンに対する言動を見てやはりホムンクルスの親玉であることには変わらないと認識した上で、エド達は戦闘開始。しかし彼の強さはまるで桁が違い、さらに彼の攻撃によってその場で全く錬金術が発動しなくなる、というこれまで経験のない状況にまで追い込まれました。
 さらにさらに、今度はリンを"器"とすることに決めたおとうさま。一度はおとうさまの体内に戻ったはずの"強欲"を再び賢者の石として排出し、リンの体内へ。リンは求めていた賢者の石をもらえるとわかり、それをすべて受け入れました。しかしその結果生まれたのはあの強欲のグリードでしかありませんでした。

 といっても前のグリードの記憶は引き継がれておらず、一緒なのは声とその性格だけ。。エドに何度呼ばれても、グリードとしか名乗らなかったけれど、ランファンの名を出した瞬間、攻防は止まりました。そしてエドは確信した。
 リンはまだ中にいると。


 スカーとメイちゃんはアルの(頭から発火した火花w)おかげでなんとかエンヴィーたちから逃れることに成功。偶然にもグラトニーの再生能力が底をついたのも幸いでした。
 メイちゃんがずっと憧れていた「鋼の錬金術師様」その真実が明らかとなり、壮絶な絶望感の後、八つ当たり的な暴走がおもしろかったです。夢見すぎてたなぁ。豆粒でした・・。

 なぜあの場で、彼等は術が発動できていたのか。次なる鍵がここにありそうでした。


 おとうさまの強さはやはりでたらめでした。だいたい錬金術自体がでたらめで、唯一錬成陣orモーションがあるからこそ、だったのに、あれじゃ本気で単なる超能力バトルに過ぎません、、
 親玉が目の前にいて、対峙もしたのに、それなのにまだ何もできない。兄弟が選ぶ次なる道はどこで、何を目指すのだろうか。

 次回は引き続き"生かされる"エルリック兄弟が、どうこれから歩むのかを模索し始めつつ、ランファンが再登場♪ 楽しみです。

WEB拍手を送る


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 【DVD】
アニプレックス
2009-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱ、ホムンクルスって解らない。
食べていい?が元の賢者の石に戻りましたが、彼は元人間だったんだろうか。
ほら、例の眼帯の親分って元人間だったんだけどホムンクルスになったんじゃないの。

私の中ではホムンクルスって人造人間って意味が強いんだけど。リンのように身体を乗っ取られる場合もあるんだね。眼帯の親分は彼自身の自我は自分の自我だって言ってるが、おとうさまには逆らえないので自我とは言えないな。

どうなるんだ、これからちびっこは(笑)

ケッツアール
2009/10/20 01:46
 大総統のパターンが特殊、って思ってました。その特殊ケースが再び、今度はグリードに対して行われた、って感じ。たぶん・・・。自分もだいぶ前期の設定と原作設定がごちゃってきました。このタイミングでw

 かなり不確かに見えながらも、エドにとっては確信となっていた真理の扉を抜けた際に見たアルの元の体。ちびっこはもうだいぶ順応してきたんでw まだまだ突き進みます。
LUNE
2009/10/20 12:27
うーん、ちびっこはこれから背が伸びるんだろうか。まさか錬金術の対価が身長だったりして(笑)
でも有り得る話だよね。何かを生み出す代償として失うものがあるってね。記憶とか、これからの未来とかを失うんだったら絶望だな。。

十二月の歌舞伎座、凄いよ。クドカン歌舞伎がついに実現だね。私のブログじゃ酷評しているけど、チケット高すぎて客があまり入らないと思う。
せいぜい八千円が妥当。一階席はその倍するからねー。。若者が来ない理由は料金が高すぎるからだね〜、かと言って若者が押し寄せて常連客が見られない現象になるのも嫌だね。
ケッツアール
2009/10/20 21:29
>対価が身長

 事実であればたぶんエドは錬金術師をやめるかどうか、って大きな問題に直面すると思います(笑)
 以前、よく寝る、よく食べる理由は、あっち側の世界にいってるアルの成長のため、という話がありましたが、実際にはエド本来の成長エネルギーも持って行かれてるのか。。


 やはり高価なままなんですねぇ。演劇全般、高価な印象を受けることがしばしばあります。それだけの、それこそ対価に相当するものなのでしょうけど。もう少しどうにか、って思いますね。クドカンはみたいかも!!
LUNE
2009/10/21 12:17

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第28話 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる