聖剣の刀鍛冶 第7話

ご主人からの命令も、勢いで覆してしまう頼りがいのあるメイドさん、それがキャンベル家に仕えるフィオさん(^_^)


 突如どしゃっと、増えた新キャラたち。帝国からの確認が取れるまでの僅かな時間をセシリーのお家で過ごすこととなりました。その結果みんなフィオさんのされるがままメイドさんへ。さらになぜか主人であるセシリーまでもがメイドへw いつも着けている甲冑を取り外し、今じゃかなりレアな、普通のメイドさん姿となったセシリーはこの上なく可愛いものでした。
 もちろん他の4人もそれぞれ可愛く、中でもシャーロットちゃんかな。お嬢様に見えて実はほとんどのことをこなすことができていました。なんとも頼れます。比べてセシリーのなんでも「できない」ところ。なんかよくあるお話に見えつつも、立場が逆転していておもしろかったです。セシリーは何もかもまだまだこれから。覚えていけばきっとできるはず。やればできる子!

 楽しく可愛いAパートとは違い、Bパートでは魔剣に纏わるお話がエヴァドニより少し語られるところから始まり。彼女以外の3本は人の姿にはならない魔剣と!? じゃあその違いは? 核心はもちろんわかるところはまだまだありませんでしたが(^_^;) 度々魔剣や悪魔の話になると映るあの山。なんかあるのかな。


 あと残りはほとんどシャーロットちゃんのお話が割とメインに据えられていました。

 帝国に認められること。それこそが母の、自分への願いであると信じてここまできていたけれど、それが今揺らいでいるのも事実。母の面影をセシリーの母親 ルーシーさんに重ねていたシャーロットちゃんは、自分が思ってきたことをすべて彼女に話していました。そしてどうすればよいのかわからない、と。。

 あの歳でお母さんを亡くされて、それでも毅然と、帝国皇女として振る舞い、ドリスさんたちといろいろなものと戦ってきたシャーロットちゃん。ルーシーさんは詳細はわからないものの、彼女の母が願っていたことだけはわかっていたから、シャーロットちゃんを優しく包み、抱きかかえてくれました。
 彼女自身の幸せ。それこそが唯一、彼女の母親が望んでいたこと。それはすべての母親が、愛する子へと願う唯一無二の願いでもありました。

 その翌日。帝国からの返信はきたけれど、その文面はシャーロットたちが思いも寄らない内容でした。
 シャーロットちゃんがここまで信じてきたすべてが音もなく、それもその信じていた帝国自ら崩してきた。果たして彼女たちはこれからどうなって、どう選択をするのか。シャーロットちゃんの選択。その理由は、ちゃんと彼女のためのものとなるのか。少し不安です。。

WEB拍手を送る


聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.1 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2009-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

J-YUN
2009年11月19日 05:29
6話でもそうでしたがセシリーは素手が強いのではないかと思いました、ルークにダメージ与えてるの素手時の彼女だけですし余計に。リサは相変わらずのかわいさと存在感に満足です。ちなみに魔剣ですが人型になるには条件があるみたいです。まあ今はどうでもいいですがアリアは魔剣であることは周知らしくその性格ゆえ特に差別は受けず馴染んでるとのことです。
2009年11月19日 23:20
>セシリーは素手が強い
格闘"も"強い、となればまだよいのだけれど、格闘だけでいけそうですよw

>人型になるには条件
では今はなれなくても条件が後から揃えられるようなものなら、人型になれるんですかね?? その逆はちょっと寂しいけれど・・・。そんなところまで今クールで進んでもらえるのかどうか気になる。。

この記事へのトラックバック