聖剣の刀鍛冶 第8話

今、側にいてくれている家族。


 帝国からの通達は、シャーロットちゃんを苦しめるものでした。信じてきた、母のために信じ続けてきた帝国に裏切られる形となってしまったシャーロットちゃんたち。そんな彼女たちをそのまま見過ごすことなんて、正義感溢れる、良い意味でバカな(^_^;) セシリーにはできません。


 帝国に引き渡せば彼女たちには罰が与えられてしまう。それを聞いたセシリーは市長たちの言葉をはね除け、たとえどうあっても彼女たちを守り通すと心に決めました。そんな彼女の言葉に心動かされた市長さんたちも、かなりな手助けをしてくれた。
 それは彼女たちに帝国を捨てる、という決断をさせるもの。

 母が信じ、愛した帝国を、そう簡単に捨てられるものではない。でも最善最悪を言っていられる状況でもなく、目の前で選べる道はそれほど多くはありませんでした。

 それでもセシリーは見つけてくれた。
 失う物は少なくはないものの、4人が笑顔でいられる道を。

 先行して突っ走った3人の近衛兵たちを、機転と戦への資質でねじ伏せセシリー。彼女は自ら己をバカで、諦めも悪いといいながら、彼女たちへの愛は決して変わってはいませんでした。ペネロペさんの腕をぐっさりいっていた所はちょっと可愛そう過ぎる、とも思ったけれど、彼女たち、そして後からきたシャーロットちゃんも、セシリーの言葉を受け入れてくれました。セシリー、かなり魔剣アリアを使いこなしてきたんだなぁ。かなり格好良かったです。


 彼女の亡くなられた母ももちろん大切で、決して忘れてもいけない存在。でも今、シャーロットちゃんを助け見守り、側にいてくれているのは母ではなく、ドリスさんたちに他なりません。それはどう見ても、言い訳したって事実には違いないこと。そして彼女たちもまた、家族であることを、セシリーは伝えてくれました。

 家族と呼べる人たちと離れることなく、側にい続けられる道があるのだとしたら、どんなに険しくても、きっと乗り越えられるだろうし、笑顔は失われることはないと。


 とっても駆け足でシャーロットちゃんたちは過ぎ去っていってしまいました(>_<) きっとこの先再会はあるのだとしても、早かったです。良い子だったなぁ・・・。彼女から笑顔を失わせてはいけない、という気持ちは見ていてすぐに感じるところでもありました。またの登場、楽しみにしています。今クールでは無理なのか・・・。さくっと次回普通に出てきても、それはそれで喜ぶだけ!(^_^)

WEB拍手を送る


聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.1 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2009-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 聖剣の刀鍛冶(The Sacred Black Smith)  #8「出立-Resolution-」

    Excerpt: <コメント>  シャーロットが、帝国に引き渡すという事になる話。まあ、大変なことになりそうです。魔剣を取ってくると聞かない手下に、立ち向かうセシリー・・ 「わたしは頭が悪い」 まあ、.. Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2009-11-24 17:33