夏のあらし! 春夏冬中 第10話

過去に戻り、そして未来を創る。


 前回、はじめちゃんと嵐さんが急に過去へと飛べない。通じることができない、という事態に陥ってしまったのだけれど、無事、とてもこの作品の世界を象徴する形で、お話に幕は降りました。


 何度考えてもこの「過去で未来を創る」というコンセプトは、オリジナリティがあるアイデアだなぁ、と思ってこの作品に魅了されていました。おそらく事実上最終回となった今回も、立派に組み上げられた形となってて、大変楽しみながら見ることができました。

 同じ目線で会話してみれば、或いは…。
 やよゐちゃんの提案は、正直「それで何かが変えられるのだろうか」と、最初は思ったけど、1つの思いつきとしてはベストでした。すべてが終わってから見てしまうと、すべては必然であったとしかいいようがないだけに、感想という感想はいつになく書けないのも事実(^_^;)

 幼い日の嵐さんはかなりなやんちゃっぷり(あともちろん可愛い。アイキャッチもかなり)しかも剣術に長けていたり、昔から勝ち気な江戸っ子な感じでした。そんなんだからはじめちゃんも乗りやすくて、すっかり仲間になって、最後にはもはやあれは開眼。ばっちりキメることができ、最終的には嵐さんの初恋の相手になってました。

 嵐さんはちゃんと恋を知っていた。
 カヤさんの言葉で、ぶっちゃけなるようになるしかないんだから、とまとめられたのかな、と思ったけどw それが正解だとは強く思いました。哀しみを恐れて出会いを避けてはいけないからね。


 大変甘酸っぱくて青春で、それでいてかっこよい終わり方でした。マスターが大人対応だったのが、いつもと違うところだったかなぁ。彼女はなんだかんだでみんなのことを理解してくれてて、なんでもできる人でした。つい、いつも賞味期限過ぎるまで食べ物を粗末にしちゃうくらいで。

 あと潤君は後半ほとんど乙女でした。話し方も気のせいか、普通に小見川さん、女の子として声を当てていたように聞こえました。あの中で一番乙女でした。今期かなりな出番で嬉しかったです。


 たぶんあと2、3話?くらいはあるんだろうけどどういう仕掛けがあるのか。単に番外編とかになるのかとっても楽しみです。

 あ、EDが懐かしかった!! キャラソンアルバムは出たら前期のとまとめて買ってこよ。

WEB拍手を送る


夏のあらし!~春夏冬中~01(特装盤) [DVD]
キングレコード
2009-12-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック