フレッシュプリキュア! 第47話

プリキュアたちが健闘する中、とうとうすべてのパラレルワールドがメビウスの手に・・・。そこで立ち上がったのはタルト!


 クライマックス一直線。なんとも寂しい限りですが、最後の彼女たちの頑張り、何よりもプリキュアらしいバトルや感動を期待しています。


 前回、惜しくもウエスター、サウラーが退場されてしまい、今回はピーチとパインによる対ノーザ戦。二人はノーザの触手に相当苦戦してしまいました。必殺技以外、プリキュアたちはほぼ肉弾戦メインなんで、ほとんどどの攻撃だって不利なんだけれど(^_^;) それでも相手が幹部ってこともあるし大苦戦。ベリーとパッションも現場へ急行です。

 その間にシフォン奪還を試みていたタルトとアズキーナちゃん。シフォンを見つけるもあっという間に塔の外へと排出されて、また街へと戻ってしまいました・・・。アズキーナちゃん、かなり挫けそうになってしまったけれど、タルトはカオルちゃんからもらったドーナツをあげて、アズキーナちゃん元気に復活!

 そのドーナツ食べているときにひょこっと現れたラビリンス管理下に置かれた少女。元気がなかったからタルトは彼女にもドーナツを分けてあげたけれど、彼女は「おいしいってなあに?」という返答。。ラビリンス管理下に置かれていると、もう感情もなにもあったもんじゃない。
 それでも言われるがまま彼女はドーナツを一口。すると「おいしい」と、自然と言葉が出てきました。果たして「おいしい」ということ自体がわからなかったのに、なぜ彼女は「おいしい」と言えたのかは定かではありませんでしたが(笑) とにかく、彼女は管理下から開放されました。

 ラビリンスの管理から抜け出すことは、そんな難しいことではないみたいで、街の人々は次々とプリキュアのバトルに目が留まり、応援するようになってくれました。さらにタルトのオルゴールにも協力してくれた。一体彼等は何を管理されていたのか、と思えるくらい、街の人々は普通に戻ってくれてたなぁ。ドーナツがどうこう、っていうよりはむしろ、タルトの想いが通じたっていうのが大きいと思いました。確実にみんなの心を動かしていたよ。


 にしてもあの少女は特にわからなかった・・・。プリキュア達のバトルを見て「かっこいい」発言。確かにかっこいいかもだけれど、その前に思うこと他にあるんじゃ・・・。それにタルトあんなにはドーナツ持てなかっただろうし、何よりドーナツのサイズが自由過ぎw ここまで変な設定はそんなになかっただけに、ちょっと不思議さが多い印象が残りました。最後だから、、というにはやや厳しい点でした。


 ノーザとプリキュアたちのバトルは激しかったものの、当初ノーザはかなり良心的に、プリキュアたちを倒すのではなく「管理下に入れ」と言ってきてくれていました。自分で選択する必要のない生き方はとても楽で、しかも恐らく安全。そうすることで理想的な統治が行える、と。でもその結果失うものはあまりにも多く、哀しいことがない代わりに嬉しいこともない。そんな世界は決して許すことは出来ない。

 プリキュアたちはどんなに苦しく悩んでも、回り道しても戻ったとしても、自分で決めて歩いていくことが何よりだと、言い返しました。そうすれば自然とその道は強く、豊かになり、結果、笑顔がうまれる。
 そう、ラビリンスの住人たちは誰にも笑顔がない。
 そんな世界は決して認められない。だから彼女たちは諦める必要がないと訴えました。

 オルゴールの音色がシフォンにも届き、ノーザの力は激減。そこへベリーとパッションが駆けつけて、プリキュアたちは逆に戦力倍増。しかし後一歩、というところでノーザは自らがソレワターセへと変化&巨大化。次回へ続きました。

 次回は変身を遂げたノーザと、同じく進化したプリキュア「キュアエンジェル」との最終決戦。ピーチだけやけに翼が大きく見えましたが(^_^;) 盛り上がってくれることを願います。ノーザがラスボスっぽくなってるけれど、まだ時間はあるから最後にはメビウス様と戦うのかな。


 今週も次作「ハートキャッチプリキュア!」の予告が追加。キャストは奈々さんと水沢史絵さんと発表され、意外なキャスティングではありましたが、また楽しみになってきました。でもやっぱ幼すぎる絵が気になるなぁ。

WEB拍手を送る




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック