こばと。 第13話

銀杏の気持ちと幸せ。


 季節は夏が過ぎ、秋へと移り変わっていました。

 前回から幾分時間は経過したようで、コンペイトウは結構溜まってきてはいました。でも期限はもう半分過ぎ去ってしまっていたのは事実で、いっぱいにはほど遠い。。

 こばとちゃんは行きたいところに行くために、コンペイトウを集めています。そこがどこかはもちろんこばとちゃんは知っている。そのことに対していおりょぎさんのあの反応は、ちょっと不思議でした。それとこばとちゃん帽子が脱げるとどうなるんだっけ・・・。


 新しいもの、便利なものを人は好むもの。

 街にずっと昔からある大きな大きな銀杏の木。それが今度街の再開発や近隣からの苦情もあって切り倒されてしまうことになってしまいました。こばとちゃんはそのことを知って、どうしても切られて欲しくないって思い、工事の人にお願いして守ってあげたいと思った。けれど街の人々はもちろん、銀杏の木自身も、それは望んではいませんでした。

 琥珀さんの力を借りてこばとちゃんは、銀杏の木の言葉と、唄を聴くことが出来ました。それはもう充分幸せだった、という言葉と、とても優しく温かなメロディ。自然と二人も唄っていました。これまで難度かこばとちゃんが唄ってくれていた曲を、今回は琥珀さんも一緒に。

 そうして唄が終るのとほぼ同時に、その銀杏の木は倒れてしまった。頑張って頑張って生きていたけれど、もう寿命には違いありませんでした。。

「銀杏さんは幸せだったのでしょうか?」

 こばとちゃんの唄をもって、その銀杏は幸せに送られたのだから、きっと銀杏さんは幸せだった。そう、琥珀さんは応えてくれました。そこまでも、天使である琥珀さんが読み取れたかは定かではなかったけれど、琥珀さんは嘘はつけないしね。何よりそう信じてあげたいって思う。
 永い永い年月、街を見守ることができたその銀杏にとって、生を全うできたという喜びが、最期にきっとあった。そう、信じてあげたくなりました。その証拠にコンペイトウは1つ、増えていたんだろうな。


 銀杏の落ち葉で子供達は豊かな絵を作ってくれていた。藤本さんは枝を切り取り、積み木を作ってくれていた。こうして銀杏はこれからも・・・、なんてことは安易には言えない。

 現実にはただ、古いものがその命を閉じただけのこと。
 どうしても時は進み、前にしかいかないし、"今"はこの瞬間に過去となり、過去はいずれ必ず記憶から薄らいでいってしまう。大切なのは忘れないことじゃなくて、過去を過去として捉える覚悟と、今を生きる責任を持つこと。そんなことを考えてしまいました。銀杏さん、きっと喜んでいるって思います(^_^)


 季節がめぐり、確実にこの作品も進んでいってしまっていることがちょっと寂しくなります。。でもこばとちゃんの夢へとまた一歩近づいたし、これからもいろんな場所で彼女が成長していってくれること願いたいな。

 次回も秋なお話みたい。黄昏とは何を指しているんだろ。

WEB拍手を送る


こばと。限定版 第1巻 [DVD]
角川エンタテインメント
2010-01-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • こばと。 第13話「…天使と守り人。」

    Excerpt: 倒れる気配は微塵も感じさせないどっしり構えた立派な銀杏の木。まさかまさか、さんざんネタにされている小鳩の歌声のせいかと少し思ってしまったけどw その銀杏の木がいきなり倒れたのでちょっと驚きました。 Weblog: よう来なさった! racked: 2010-01-12 23:53
  • こばと。第13話 「・・・天使と守り人。」 感想

    Excerpt: さみしさ漂う季節へ― Weblog: wendyの旅路 racked: 2010-01-12 23:53
  • こばと。 第13話「・・・天使と守り人。」の感想。

    Excerpt: こばと。 第13話 「・・・天使と守り人。」 評価: ── 凄いわね、光が燃えてる見たい 脚本 横手美智子 .. Weblog: いーじすの前途洋洋。 racked: 2010-01-13 00:16
  • こばと。 第13話「…天使と守り人。」

    Excerpt: コンペイトウもあまり集まらないまま季節は秋へ! 期限まであと季節は2つだけ…。 でも、こばとはイチョウの紅葉にファンタジーな感想を(�... Weblog: SERA@らくblog 3.0 racked: 2010-01-13 00:35
  • こばと。 #13

    Excerpt: 季節は秋を迎えていました。小鳩は、街の中に大きな銀杏の木があるのを見つけました。小鳩がコンペイトウを集め始めて、もう季節が2つ過ぎていました。全然たまってないかと思ったコ... Weblog: 日々の記録 racked: 2010-01-13 04:08
  • こばと。 第13話 『…天使と守り人。』(感想)

    Excerpt: 記事はこちらhttp://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/13-c8d6.htmlトラックバックは本館へお願いしますhttp://app.cocol.. Weblog: アニメ-スキ-日記 2th racked: 2010-01-13 05:06
  • こばと。 第13話「…天使と守り人。」

    Excerpt: こばと。の第13話を見ました。第13話 …天使と守り人。いおりょぎと散歩中、小鳩は、立派なイチョウの木を見つける。「大事にしないならこれはもう使わせない」積み木の取り合いでケンカをしてしまったよもぎ保.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2010-01-13 05:37
  • こばと。 第13話 「…天使と守り人。」

    Excerpt:  大イチョウのお話。イチョウが伐られると心を痛める小鳩がよかったですね。 Weblog: つれづれ racked: 2010-01-13 06:24
  • こばと。 第13話「…天使と守り人。」

    Excerpt: こばと。限定版 第3巻 [DVD](2010/03/26)花澤香菜稲田徹商品詳細を見る 季節は秋になりました。思ったよりも金平糖は溜まったようですが、秋と冬で�... Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-01-13 08:52
  • こばと。 第13話 …天使と守り人。

    Excerpt: 秋が来て、小鳩に残された季節はあと2つ。 Weblog: アニメ雑記帳 racked: 2010-01-13 14:12
  • こばと。 第13話「…天使と守り人。」

    Excerpt: 秋のにおいはケムっぽいです! そして、スッとしてキュッとして、懐かしくなるニオイ。 どんなニオイだろうw 小鳩のコンペイトウ集め�... Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2010-01-13 14:12
  • こばと。 第13話「…天使と守り人。」

    Excerpt: 秋になってこばとちゃんのお洋服もイチョウと同じ色に。 春、夏と2つ季節が過ぎてっちゃったんですね。 願いを叶えるために残された時間はあと半分。 コンペイトウは…意外に集まってましたね。 こちら.. Weblog: のらりんクロッキー racked: 2010-01-13 18:13
  • こばと。 第13話「…天使と守り人。」

    Excerpt: 譲君と俊彦君が、積み木の取り合いでけんかに、おもちゃは、中古品で、 新しいものが買えないのが、園の経営難をものがっ.. Weblog: 空の下屋根の中別館 racked: 2010-01-13 19:23
  • こばと。 第13話 「…天使と守り人。」

    Excerpt: 今週も「こばと。」始まりました。 今回は古いものと新しいものというテーマでしたが 普通におもしろく、流石NHKクオリティだと思いまし�... Weblog: *桜日和のお茶会* racked: 2010-01-13 21:28
  • こばと。 13話『…天使と守り人。』

    Excerpt: 秋到来。 とことで、立派なイチョウの木に見とれる小鳩といおりょぎさん。 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-01-13 22:05
  • こばと。 第13話・・・天使と守り人。

    Excerpt:  空き地にそびえ立つ銀杏の木の大きさに感嘆する小鳩。その木が再開発のためなくなってしまうことを知る。 Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2010-01-14 16:39
  • 天命を知るのは至難。

    Excerpt: こばと。#13 Weblog: 還山捫虱堂 racked: 2010-01-14 20:02
  • こばと。 第13話 「…天使と守り人。」

    Excerpt: こばと。第13話感想です。 秋の日の奇跡 Weblog: 紅蓮の煌き racked: 2010-01-14 22:32