はなまる幼稚園 第3話

胸と優しさと気配りが大事。


 子供達はみんなつっちーが山本先生のことを好きなこと、もちろん杏ちゃんも知りました。改めて整理すると、そこには見事なw 三角関係が!

 ひーちゃんがかなり的確に、でもどことなく子供らしい一面がちらちらするあたりが可愛いなぁ。一心不乱なひーちゃん可愛かった!

 大人の恋愛の形であると知った杏ちゃん。そこはそこで喜んだけれど、どうにかして両思いにならなければならないのは必須。ひーちゃんにアドバイスもらいながら健闘する姿もまた、健気だったし、桜さんが完全に応援モードなところがやっぱりおもしろいです。

 にしても山本先生、あまりに楽しそうだったから、っていいながらつっちーに抱きついてくる辺り、やはり先生が一番可愛い(^_^)

 そしてBパートはその山本先生の一日を描いたもの。

 のんびり穏やかで優しさ100%でできている山本先生。みんなに優しい、ってところや、若干天然気味?な点が、つっちーとしては困っている点にはなっているみたいだけど、そこも含めてやはり癒しで溢れていることには違いありません。

 しかし自分に好意を持たれている、と感じる回路がない、ってところだけは、どうにかしないとつっちーに未来はありませんw
 でもつっちーには悪いけど、できればずっとあのままでいてほしいな、という気持ちの方が強いなぁ(^_^)

 あ、菜々先生、っていうほうがもっと可愛いから、今度から菜々先生と呼ぼう!


 今回は菜々先生@葉月絵理乃さんが歌うED「草の指輪 花の冠」楽曲や歌声はもちろんのこと、絵や字体も全部が菜々先生らしくて素敵なEDでした。

 毎回半分は菜々先生視点のお話でも良いと思えるほど、菜々さんの癒しは大きいものでした。あんな先生が本当にいたらなぁ~

WEB拍手を送る



青空トライアングル
キングレコード
2010-01-27
柊(高垣彩陽),小梅(MAKO) 杏(真堂圭)


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック