はなまる幼稚園 第6話

プールで遊んで生きている喜びを感じ、
妹襲来で己の未熟さを痛感。


 プール回は期待通り、いや、つっちーのいうとおり期待以上でした。その功労者が実は菜々先生の妹さんだったという事実は、記録として残しつつ称えなくてはならない。ありがとう妹さん!

 つっちーはもちろん菜々先生(の胸)に釘付け。いくら杏ちゃんがアピールしたところで、到底及ぶ戦闘力ではありませんでした。若干ひーちゃんのカッパウの方が気になるくらいです。
 水着はだいたいみんな同じのを着ていましたが、基本は自由なのかな。あのカッパに指摘が入ってないからw

 菜々先生は相変わらずの天然っぷりが発揮されてて和みました。つっちーの気持ちにはまるで気づいてない辺り、喜ばしいやら可愛いやら。あれほどの無自覚だと、つっちーの苦労の道はまだまだ続きそうです。妹さんがフォローしてくれそうだからまだ勝機はあるかな。。


 Bパートではつっちーの妹さん、さつきちゃんがご登場。と、いうより襲来!
 現役女子高校生ってのがまた良いポイントでした。これがまたできる妹さん。兄があれだから、必然的にしっかりしなきゃ、って気持ちがうまれたのかもだし、何より結構なブラコン。つっちーってなんて羨ましい環境にいるんだ…。

 最初はだらしない、予想していた通りの醜態を晒すことになってしまったつっちーでしたが、後半は妹さんにいいところ見せることができてました。


 園児たちの行動、性格を一人ひとり考えてあげて、記憶しながら接しなくてはいけないところが大変さの一つ。あくまで理想にはなってしまうかもだけど、あの数くらいなら、って思います。もうめっちゃくちゃに大変なのは目に見えます(^.^) つっちーたぶんゲームやる暇なんてないはずだ!w

 さつきちゃんは実際に園児たちの相手をしてみて、いかにその仕事が大変なのかがわかったから、兄の心配りに感心できたんだろうな。大変じゃない仕事なんてないな。


 さつきちゃんは兄が頑張ってることをお母さんに報告して、夜は兄の家にお泊り。男もののYシャツをお風呂上りに着る、というシチュエーションは、いつみてもよいものです。かなり昔からある場面にはなるんだけど、やっぱ良いものは良いです。


 理想的、典型的な妹さんがシンプルながら可愛かったな。つっちーも菜々先生も共に妹がいる、という共通点はなんかまたおもしろいことが起きそうな設定でした。きっとあの妹さん同士は友達になりそう(^.^)

WEB拍手を送る


はなまる幼稚園 1 (ヤングガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス
勇人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック