ハートキャッチプリキュア! 第4話

二人でプリキュア!!


 前回、二人目キュアマリンが登場して間髪入れずにコンビ解散の危機となったプリキュアのお二人。二人になったところでキュアブロッサム最弱伝説は変わっていなかったところが、事の始まりでした。


 キュアマリンはこれといってめちゃくちゃ強いわけでもないし、しっかりしているわけでもないのが、これまでプリキュアを見てきた人たちであればわかるところ。それでもえりかちゃんはどちらかというと運動神経は良い方みたいでした。
 が、問題はあまりにもキュアブロッサムが弱いところです。パワーやスピードが常人に比べ格段に上がっているはずなのに、肝心の運動神経には変化がないという由々しき事態(^_^;)

 つぼみちゃんはそんな劣等感を拭えないものの、それでも変わろう、と決めた自分を奮い立たせなんとか自分にできることを頑張ろう、って前向きに考えていました。頑張る子です。

 そんな時、自分たちと同じようにコンビ解散の危機に直面していたテニス部でダブルスを組んでいるまおちゃんとあゆみちゃんを見かけました。えりかちゃんは早速持ち前の元気さでまおちゃんを励ましの言葉をかけたのだけれど、

「別の強い子と組めばいいよ!」「コンビ解散は新たなスタートだよ!」

 自分では励ましているつもりでも、言葉って難しい(^_^;) 相手の気持ちになって、その言葉をどう受け取るかまで考えて、傷つけないように励ます。簡単そうに見えてかなり大変なことです。有り触れた言葉であっても、人に言われるとまた違う、ってときもあれば、「そんな台詞みたいな言葉で」って、気持ちが入っていないように捉えられてしまうときだってあるかもしれない。

 うまくそれができる人は、そういう言葉を選ぶのがうまいんじゃなくて、どれだけその人のことを想い、一生懸命親身に考えることができるかどうかにかかっていると思います。必然的に「どんな人にでも」とはならないはずで、その人のことを一番考えてくれる人、身近な人じゃないと、できないんじゃないかな。


 えりかちゃんはつぼみちゃんから彼女が落ち込んでいる理由を聞いたとき、「言ってくれないとわからないよ!」と、返していました。もしかしたら言わなくてもわかるだろう、って時もある(^_^;) でもえりかちゃんは違う。ただそれだけのこと。

 自分ができることが他人もできるわけじゃない、って、つぼみちゃんは自分自身のことで悩んでいたように、えりかちゃんにだって、つぼみちゃんにできて自分にできないことがある、って思っている。それって誰にだっていえること。

 つぼみちゃんはえりかちゃんのような運動神経も、明るさも今はまだないかもしれない。えりかちゃんもつぼみちゃんのような気配りや、頭の良さもないかもしれない。それにえりかちゃんはあんな性格なので、言ってくれないとわからない。つぼみちゃんは雰囲気を感じってしまう。それを「違い」「優劣」と取るか「個性」と取るか。その捉え方によって変わる印象は大変大きいけれど、些細なことには違いありません。

 えりかちゃんはつぼみちゃんの悩みがわかって、はっきりと「つぼみじゃなきゃだめなんだ!」と答えてくれました。それはつぼみちゃんが心の奥で求めていた答え。つぼみちゃんはとにかく自分を、必要とされたかったからね。


 人が人を求める気持ち。

 今回より登場した新たなデザトリアン幹部クモジャキーさん。流行りの?w 土佐弁でした。なかなかかっこいい。
 ブロッサムの言葉に対して僅かながら驚きを見せていたのが意外でした。これから彼女たちとの、幾多の戦いの中で変化は見られるかもだなぁ。

 ブルースターの花言葉は信じあう心。

 どちらか一方でも、そのどちらもがわかりあえていなければ意味はない。互いが理解しあおうとして、その心を互いが共有していなければ本当の友情は生まれない。信じ合うことが何よりも大切な気持ちでした。


 4話目にしてはかなり意外なお話になっていました。なんとなくこういうのはある程度進んでから入ってくるエピソードだと思っていたので、重めでもあったかな。半端なものにはなっていなくて、かなり重要性を感じられる構成でした。メッセージも強かったです。


 何度見てもEDは可愛いなー 奈々さんと水沢さんで歌ってくれないだろうか(^_^)

 次回はラーメンとイケメン。3人目の幹部さん登場だ。

WEB拍手を送る


「ハートキャッチプリキュア!」OP&EDテーマ::Alright ハートキャッチプリキュア!/ハートキャッチ☆パラダイス
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
2010-03-17
工藤真由 池田彩


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




http://tb.plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/201002280000/3d4ef/
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/9da5711af9
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/granzchesta/51393109

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

J-YUN
2010年03月01日 07:35
今回は悲観的なつぼみ、楽天的なえりかが良く分かる回でしたね。アバンで戦闘だったので時間間違ったと焦りました。つぼみがえりかの足手まといだと思い込んでえりかはそれに気づかずと、しかし今回もえりかはばっさりでした。特にテニス部の少女に言ったコンビ解消は新たなスタート発言はつぼみにはかなり効いたでしょうな。アバンのこともあり資格がないと思い込んでしまう訳ですがそこは祖母の助言とえりかに打ち明けたことで解消したわけでさらにお互いの長所を認め合って最高のコンビと言う所はグッとくるシーンでした、最後のキャラソンが入りながら互いを親友と認め合う所はいいシメだったと思います。てっきり喧嘩しちゃうのかと思いましたが意外な変化球でした、次回予告ではつぼみに見せ場がありそうなので期待ですな。しかし4話で自分的に神回です。自分的にうれしいのはえりかがつぼみを必要とし彼女以外あり得ないと言ってくれたのは拍手物です。つぼみもこの発言はうれしいはず
2010年03月01日 19:56
こんばんわー

 えりかちゃんはえりかちゃんなりに一生懸命相手のこと考えての、ポジティブアドバイスだったんですよね。でもそれがうまくは伝わりませんでした。同じようになぜつぼみちゃんがしょんぼりしていたのかも、えりかちゃんにはわからなかった。でも言葉で聞いた後は、ちゃんと理解してくれました。

>えりかがつぼみを必要とし彼女以外あり得ないと言ってくれた

 落ち込んでいたつぼみちゃんにとって、えりかちゃんの想いは本当に嬉しかったでしょうね。
 4話目に持ってくるにしては、という印象が強かったんですが、不自然ではなかったし、絆が一気に深まって良い方向へと流れた感じです。かなり良いお話でした(^_^)

この記事へのトラックバック