おおきく振りかぶって 夏の大会編 第1話

春新番1つ目。既に1期が3年前だったとは、と。いつものように時の流れにまず驚きながらの2期となりました。


 にしても3年、というのはかなりな衝撃です。3年経ってそれから再びアニメ化、という流れも驚きでした。もっと早く2期が始まってもおかしくはなかった作品だったと思います。


 野球も、野球漫画も好きになっていないのは今も変わらずなのですが、この作品は見ていく中で少し他とは違った視点が多く、興味を持つことが出来た、数少ない野球アニメ(^_^)

 今回の2期が始まる直前に1期が再放送していたのだけれど、結局1話も見ずに来たものだから、おおよそこの1話目は置いて行かれました(汗) どんなところで終わったのかすら全く覚えていなかったw

 でも作品の特徴(と思って見てるんだけど)的な、人物達の細かな動きや、僅かな会話の中での"間"は健在で、あぁ、こういう作品だったなぁ、と薄ぼんやりと思い出してきたところでおしまいでしたw

 追々思い出していくとして、次回は阿部隆也君が少し目立つかな? 自分は彼、阿部君がこの作品で最もユニークな存在と思って見ています。彼の観察眼は、これまで自分がほとんど見たことのなかった"野球に対する見方"で、新鮮でした。

 今回もまた彼の活躍を楽しみに見ていきたいと思います。
 アニメとしても何一つ不安のないスタッフなだけに、純粋に物語に集中できるっていうところも良い点かな。

 今回は終わる頃にはちょうど夏にさしかかる頃だろうから、よりリアルに入り込んでみていける気がします(^_^)


WEB拍手を送る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック