おおきく振りかぶって 夏の大会編 第8話

捕手の動揺。
阿部君の手は冷たかった。


 今回のシリーズが始まってから、メインである西浦の試合シーンとは別に、ちらちら出ていた美丞のコーチ仲沢さん。その美丞が、いよいよ五回戦で対戦となりました。

 西浦は、というかこの作品は今のところ?完全に捕手メイン。自分もその目線で見てきたんで、いざその捕手が崩れるときがきたら・・・、と、いうお話が今回になりました。阿部君が三橋君を支えているからこそ成り立っている西浦。その阿部君が読まれ、もちろん他のメンバーもばっちりデータ解析されて抑え込まれてしまっていた。


 そうなると読み合いは事前準備のレベルを脱し、途端に臨場感溢れる咄嗟の判断、瞬時の状況分析や、味方、相手が考えている心境のトレース等々、これまでにない動作が増えてくる。
 そこまでに至る「読みこまれ」までの一連の所作が、まるで本当の試合を見ているかのような時間で、次々と流れていくものだから、今回もかなりおもしろかったです。
 スポーツアニメには特に多く、確実に存在するであろう長い長いモノローグ。けれどこの作品にそれはあるのはあるのだけど、とんでもない量を喋らせているから(^_^;) テンポが揺るがないところ、この作品での好きなところです。

 とんでもない量、というのはアニメや、物語に於いてであって、本当の(野球の)日常であればそれは違和感あることじゃないんだろうなぁ。この作品で初めて野球漫画、野球アニメを知った人がいれば「野球はおもしろい」と、思えると、なぜか強く思います。たぶん同じ手法で他のスポーツを描いても同じ結果になるように思うけど(^_^;) こんなに見えない会話する作品は珍しい。



 阿部君は三橋君のきょどった指摘を冷静に受け止め、すべてを変えて臨むこととしました。もちろん百枝監督も気づけた様子。さらに誰よりも田島君がいち早く気づいてたところがまた、彼が少し違う立ち位置にいるんだ、ということを印象づけるものとなっていました。
 花井君が頑張っていたお話もほんと彼の気持ちがすごくよくわかる構成になってて、とってもおもしろかったなぁ。この前の阿部君と阿部父のやりとりもかなり良かったです。


 急にやったこともないようなことを強いられるプレッシャーは、またそれはそれでミスを呼びそうでだけれど、西浦がどう反撃の糸口を見いだせるのか。見いだせないのか。次もとても楽しみです。

WEB拍手を送る



おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2010-06-23


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック