デュラララ!! 第16話

人を愛せない代りに、人を愛せるモノに依存し寄生し続けてきた。


 池袋で起き続け、その被害は拡大し続けていた切り裂き魔事件。贄川さんが持っていたナイフが、所謂「罪歌」と目されていたけれど、実際には彼は「罪歌の子」でしかなく、彼の娘である春菜さんでもなく、狙われ続けていた園原杏里。彼女自身が罪歌と呼ばれる妖刀を体内に内包した、「罪歌の母」その人。


 池袋を取り巻く、奇怪でユニークな数々の事件は、その土地の描き方からしてリアリティを帯びているものの、ぎりぎり許容できるのはしずちゃんや帝人君くらいなもので(^_^;) 根本であるセルティに至ってはファンタジーそのもの。そしてまた今回の切り裂き魔についても、セルティ寄りの住人であることがわかりました。

 彼女が持っていたトラウマが発端となり、それは本来罪歌が持ち合わせていた能力をも押さえつけるほどのもの。だからすぐには事件の根源だと知られることもありませんでした。だがここもやはり臨也はちゃんと噛んでいたご様子(^_^;) そのことをちゃんと嗅ぎ分けて乗り込んできたしずちゃんがまた素敵すぎです♪ ガードレールが飴細工みたいにぐにゃっと曲がって取れてたよ!


 中原さんが演じられていたって理由だけで、春菜さんが母たる罪歌である、と言われても納得しそうになったんだけど(汗)突如出てきて、かっさらうことにはならず良かったですw そういうサプライズはここまで見てきた意味とか全部なくなっちゃうからねw


 次回は大暴れなしずちゃんがまた見られそうで楽しみです。あとさりげなく波江さんが最近色っぽくて好きです。もうめっきり「ちらっ」としかご出演がありませんが、それでもそのチラっが良い感じですw

WEB拍手を送る



デュラララ!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2010-02-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック