ハートキャッチプリキュア! 第19話

写真に込められた想いは、決して色あせない。


 えりかちゃんファミリーとつぼみちゃんで家族旅行。行き先は昔にえりかパパさんがお世話になったお家。なんでもそこの一人娘アキさんが今度ご結婚するということで、そのお祝いも兼ねての旅行でした。

 でもアキさんがお嫁に行ってしまうと、お父さんは一人になってしまう。アキさんはそれは避けたいから一緒に住もうというのだけれど、お父さんは「農業は捨てられない!!」と、決して譲りませんでした。

 そんな二人の親子をなんとかしたいと思ったつぼみちゃんとえりかちゃん。えりかパパさんに相談すると、パパさんは二人の家族写真を撮ろうと提案しました。

 写真に込められた想いは、決して色あせない。

 えりかパパさんが以前録った家族写真には、みんなの笑顔がありました。パパさんは写真が大好きなのだけれど、それ以上にカメラの、ファインダーの先にいる被写体に、大きな愛情を持ってシャッターを切っている。一瞬の笑顔を、一瞬の感動を一枚の写真に収めることで、一生の思い出に残すことができる。
 写真家としてのパパさんの素晴しい一面を、ママさんもももかさんもちゃんとわかってくれていたところ、家族の絆を感じさせる良い場面でした。


 今回のコブラージャさんのお目当てに叶ったのはアキさん。プリキュアのお二人はレッドの種を用いてトランザム! おめめぐるぐる大作戦失敗の後w アキさんのお父さんが登場し、アキさんの心の声が聞こえてきました。

 お父さんが心配で、一人になんか絶対させたくない。でもお父さんはお父さんで、アキさんに心配をかけないよう、アキさんがいなくなっても平気なんだと、強がっていただけ。えりかパパさんが不器用な(^_^;) アキさんのお父さんの代りに、応えてくれました。そして自分も、二人のような家族が夢なんだ、と。

 そんでもってプリキュアは大爆発してw 見事デザトリアンを倒し無事アキさん救出♪

 蜜柑の花言葉は花嫁の喜び。花言葉ってほんと無限かと思うほど多様にあるんだなぁ(^_^;) 今回もきちんとお話に沿ったものがセレクトされていました。


 子供を心配しない親はいない。親を心配しない子もいない。
 娘が嫁いだとしても、娘であることはずっと変わらないというお父さんの言葉を聞いて、アキさんは父との絆を実感できただろうなぁ。

 こうしてえりかパパさんのおかげで最高の家族写真が撮れ、えりかちゃんもパパのこと、とっても見直してくれました(^.^)

 えりかパパさん、もうばっちり素敵な家族を作ることができているし、自分の仕事にも誇りを持って、それでいて想いは変わらず姿勢も変わらず。素敵な素敵なお父さんでした。
 今回はえりかちゃんのキャラソンもあったり、猫な手もあったり(^_^;) 可愛かったなー アキさん@和佳奈さんも大変素敵でした。


 二週間ぶりのプリキュア、相変わらず細かいところも楽しく描けていておもしろかったです。そして次回は2クール待たずして新キャラ(妖精) これはもしや前期に続いて追加プリキュアへの布石?!

WEB拍手を送る



「ハートキャッチプリキュア!」OP&EDテーマ::Alright ハートキャッチプリキュア!/ハートキャッチ☆パラダイス(DVD付)
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
2010-03-17
工藤真由 池田彩


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

J-YUN
2010年06月26日 19:11
父の日ということでえりかパパが目立ってましたな、特に写真に込められた思いは色あせないは名言ですな。えりかもツインやポニーといった髪形を披露したほか料理ができる、カエルが苦手ということも判明しましたな、そこは結構かわいいですな(実は設定では虫も苦手)。今回のゲストの親子ですがお互いが思いあってるのにすれ違ってしまうのは確かにもどかしいですね、話に触れてませんでしたが写真にいた母親がいないと見ると早いうちに他界してしまったのでしょうね(それも一因かもしれません)。今回のコブラージャですがバスでおでかけとはシュールでした。スナッキーもここは辛気臭いとさり気に自分の住みか否定してますね。今回の面白シーンはスピードアップして相手の目を回すつもりが自分たちがそうなったのは突っ込みどころ満載ですね、普通に攻撃すればよかったのでは?後、今回は衣服が損傷(貫通)するというシリーズとしては珍しい展開でした。次回は3人目の妖精が誕生です、妖精が現れるということはこれはやはり?
2010年06月26日 22:05
 えりかパパさん、名言ですよね! そしてえりかもちょー可愛い(^.^) 猫手はかなりなものをお持ちでしたw

 あ、そういえばお母さんのことにはお話が触れなかったですね。ここも何かまたもう1つエピソードでしょうか?? そして妖精さんはやはりやはり、ですかね??

この記事へのトラックバック