ハートキャッチプリキュア! 第18話

「なんか急にキャラ変わったけど・・・」


 番長と漫画。この異色の組み合わせはどこか久しくもあり、置鮎さん、がまたおもしろい役所に来てくれたことを嬉しく思いました(^.^)

 つぼみちゃんたちのクラスにいる、明らかに背の高い、時代錯誤な髪型で(でもこの作品にはもう一人似たのがいるw)、目つきの大変鋭い男の子。彼が今回の主役、番長こと、番ケンジ君。つぼみちゃんは転校してきたから昔のことは知らなかったんだけれど、にしても今の今までちゃんとクラスにいたのか疑いたくなるくらい、彼の存在感は異質でした。

 つぼみちゃんは無知であったこともあるけれど、あまり見た目でどうのこうの、という考え方もなく、ケン君のことはさっぱり恐れてはいませんでした。むしろ彼の優しさを知り、親しくなってしまうほど。えりかちゃんは最初から相当びびっていたけどw ちゃんと話すと彼女もわかってくれました。番長=優しい、というのは既に定説なのかもしれないなぁw

 さらに彼はプリキュアを題材とした漫画まで描いているという事実も発覚!! 播磨君を彷彿とせざるをえません。
 しかもこれまた絵が可愛く描けているのなんのw 展開はベタだったけどつぼみちゃんにはクリティカルしたみたいで、早速漫画制作のお手伝い。まだ描けていたなかった続きも、つぼみちゃん、えりかちゃん二人がモデルとなって演技して見事ラストの構想も完成!
 「二人でプリキュアよ!」は良かったなぁ。原点回帰(^.^) ラストシーンがアニメーションっぽくなっていたのもおもしろかったです。メタルギアのと似てたかもw

 帰ってみんなでせっせと続きを作っていたところへケン君ママ登場し、 漫画のことがバレ、信頼をしてくれたお母さんを裏切ってしまったと落ち込んでしまったケン君。飛び出してしまったところに偶然通りがかったがクモジャキー。彼、図書館でもかなり熱くなってたからなぁ。マイブームだったんだろうw
 しかし彼が見たケン君の漫画は、期待していた番長物語ではなく、憎きプリキュアの漫画だと知り激怒w おまけにケン君の心の花が少し萎れていることも確認して、すかさずデザトリアン登場!

 ・・・、登場したのはいいんだけど、そのままデザトリアンはクモジャキーをペン代わりに持ちw そして暴走(笑)あ、新し過ぎる展開でしたw しかもクモジャキー自身特に不満ないみたいでw、素直に受け入れてたのがまたかなりおもしろかったです。

「本当の強さは、本当の優しさに宿るんです!」

 お母さんに言い出せないケン君の悩みと不安は、決して弱いからなんかじゃない。お母さんを傷つけたくない、失望させたくないから、彼はずっと自分を押し殺してきていました。でも夢は夢。簡単に捨てきれるものではありません。その狭間でずっと悩み苦しんでいました。

 ケン君は今回のことを機に、意を決してお母さんに自分の夢を告白。もちろんお母さんは応援してくれると言ってくれました(^.^) 子供の夢を応援しない親なんていない。喜久子さんに言われると本当にいつも癒されるなぁ。しかもあのお母さんかなり美人さん(^_^;)

 ハナミズキの花言葉は「わたしの想いを受け止めて」ケン君が悩むようなことは実は何もなく、お母さんは最初からきちんと子供を見てくれていたんだね。


 今回はこれまでにない、いろいろと異色のお話になっててとってもおもしろかったです。ケン君是非ともまた新作漫画と共に(^_^;) 登場してくれるのをお待ちしています。

 次回は二週間後(>_<) 父の日ということでえりかパパとのお話になりそうです。父と娘。良いお話になりそうだなあ。

WEB拍手を送る



「ハートキャッチプリキュア!」OP&EDテーマ::Alright ハートキャッチプリキュア!/ハートキャッチ☆パラダイス(DVD付)
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
2010-03-17
工藤真由 池田彩


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

J-YUN
2010年06月19日 22:57
今回は夏服と衣替えの時期ですねなかなかかわいいじゃないですか。今回のゲストの番くんですが予想通りとても母思いのいい人ですな、ただかなり裕福だったのは予想外でした。眼光の瞬間ギアスっぽいと思ったのは自分もです。今回のつぼみですが彼の眼光に全く動じないとこを見ていわゆるメガネはかけますが色眼鏡はかけないのでしょうね。今回のえりかは彼に怯える、逃げまどうなどコミカルさは相変わらずですな。でも番くんの漫画が少女漫画しかもプリキュアとはある意味皮肉ですな、本人達が目の前にいるわけで(しかも百合系の話)。彼の母親の中の人が井上さんだったとは置鮎さんもいるので自分も古川夫婦を思い出しました。今回のクモジャキーですがデザトリアンに筆代わりに使われても動じないどころか褒めるのはすごい。今回の2人は以外にもほぼノーダメージでしたね、まあインクまみれの姿なんて見せられないでしょうしね。終盤の彼の願いは既に母に届いていたのは本当でしょう、母がショックを受けたのは漫画ではなくそれを隠してたことですから。ラストで次の作品はどの少女雑誌がいいか話題が盛り上がってましたがこれも再登場フラグでしょうか、結構多いですもんね再登場した人たちって。
2010年06月20日 12:44
 漫画話でおもしろくいきかけて、実は親子のお話になるところが良かったですね。つぼみちゃんは見た目でどうこう、っていう判断は皆無w それが良い方向へと導いてくれた感じです。えりかちゃんはある意味普通の反応でしたが、そこがまた可愛かったですね。

>次の作品はどの少女雑誌がいいか

 間違いないと思いますw 再登場頻度高いですもんね。

この記事へのトラックバック