よつばと

唐突に既刊全巻購入。そして読破。


 思えばだいぶ榊さんが好きだった頃。それはもうかれこれ調べてみたら8年も経ってしまっている現実。現実はいつも辛い。辛いから現実なのではないかと思うほど、現実は厳しく、世間は容赦ない。そう思うか思わないかは人それぞれなところが、また痛い。

 あずまんがを知ってしまっていたんで、この作品ももちろんずっと知ってはいましたが、読んでいませんでした。なぜかはわからない。なぜ突然読もうと思ったそのきっかけすらわからないんで(汗)わからない・・・。


 よつばとの「と」が助詞の「と」であると、2巻目で気づきw よつばの天真爛漫なところ。意味はわからずとも言葉は結構知っているところ。3姉妹が可愛いところ。やんだのバカさを見抜くところ。みんながみんなノリがいいところ。とーちゃんが極めていい人なところ。気に入りました(^.^)

 基本自由なものの、叱るところはがっつり叱る。それが親の仕事であり親であるゆえの義務。どんなに疲れたってなんだって、「親」である以上つきまとうであろう責務。あーいう大人で在りたいと思ってしまった次第です。すぐ感化されます。どれくらい「すぐ」かというと「翻訳家ってどうなんだろう」と、頭に浮かびちょこっと考えてしまったくらい「すぐ」です。やはり会社はおもしろくないし、会社で「おもしろい」、とも思うような大人にもなりたくはないな、と、思ってしまうほどの感化具合でしたw

 突然意味不明な言葉を言っているようで、実は子供って、子供なりに思考しているな、って思うところ。波が激しくて、時間軸が定まっていないところとかが、見ている分にはおもしろかったです。実際直面したらよつばちゃんより先にくたばってしまうだろうな(^_^;)


 まだまだぐんぐん成長していってほしいし、その過程を見ていきたいです。それはごく一般的なお子様と、それほど大きく違うような過程になるものではないのかもしれないのだけれど、日常を日常として描ける人は少ないと思うので、やっぱり見ていきたいです。もちろんよつばちゃんは決して普通、ではないと思うからw そのおもしろさも見ていきたいな。10巻まだかな♪



よつばと! 9 (電撃コミックス)
角川グループパブリッシング
2009-11-27
あずま きよひこ


Amazonアソシエイト by よつばと!  9 (電撃コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック