あそびにいくヨ! 第9話

星から星への旅人


 ここまで可愛く、時にはセクシーに、時にはバイオレンスに描かれてきたこの作品。今回はがらっと変わって、OPもカットし、とても切ないお話に仕上がっていました。

 キャーティアとアシストアンドロイドとの関係は、彼女、第一世代アシストロイド ラウリィの容姿を見たところで想像に容易いものでした。ありがちといえばありがちな展開と歴史だったけれど、終始哀しげに一言一言、言葉を発するラウリィが大変切なかったです。そのことをずっとずっと心に留め続けていたエリスもまた、哀しげでした。彼女が気に病むことは正直ほとんどない。でも彼女のいうとおり、過去があって今があるという考え方も、決して間違ってはいませんでした。そこに責任の所在があるかどうかは、正直本人の捉え方次第としかいえないな・・・。

 挿入歌、及びEDで歌われていた「おいらは淋しいスペースマン」は、歌詞は実は?それほど哀しいものではなかったように聞こえましたが、あの曲調を、茅原さんが独唱されると名曲に聞こえるのは必然(^.^) 挿入歌の方はキャスト全員がちょこっとずつ歌ってくれていて、そっちも良かったなぁ。歌えるキャストさんばかりなんで、是非そっちもフルコーラスあれば聞きたい。


 地球から離れていく様子を見ながらのEDは、想像力をかきたてられるものがあり、ラストは深海に沈んでいくラウリィさん・・・。かなり切なかったです。彼女が選んだ未来を聞かされた後だっただけに、想像以上に世界が創られていました。1回だけの登場は実に惜しかった・・・

 歌姫に茅原さんを起用するところが、若干いやらしいですがw 良いものは良いと認められることは間違いありません。早くまた消失が見たくなった次第です。この流れはどこか「そらのおとしもの」を彷彿とさせるところも、ちょこっとあったかな。


 次はまた賑やかな雰囲気が戻ってくるっぽい。



あそびにいくヨ! オリジナルサウンドトラック
ランティス
2010-09-22
TVサントラ


Amazonアソシエイト by あそびにいくヨ! オリジナルサウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック