LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 刀語 第十二話 「炎刀・銃」

<<   作成日時 : 2010/12/11 16:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 17 / コメント 0

終幕。


 一年、毎月1話60分という例のないスタイルで描かれ続けてきたTVアニメ「刀語」。自分も多くのユーザー同様、化物語から入った身なのだけれど、どちらから入っても、きっと後悔はしない。どちらも知らないまま過ごしていたことこそが、後悔なのだと思いました。独特の会話劇を見事に演じきるキャストのみなさん。そこに本来のアニメとしての意味もきちんと残そうと努力されていたスタッフのみなさん。数多あるアニメーションと同様、本当に大変な苦労の末生まれた作品と思います。

 それ故に、多くの人々に受け入れられたであろうし、認められたんじゃないかな。情報量一つだけ見ると、それは書籍の方が勝っていることなんて誰だって知ってる。そこをどう、作品世界を活かし、それでいてせっかく携わっているのだから、という思いだった込められていたんだと思う。もちろんそれらすべてがうまくいった、とも思ってはいないだろう。もっとこすれば、って考えがあったから、逆にここまで描けてきたのだとも思う。


 とがめ最期のシーン。鳥肌が立つほどに感情が注がれていて、そこに確かにキャラクターは生きて見えました。本当にこれまでの道程を思い返してしまった・・・

 そして尾張城へと乗り込んですべてを叩き壊し始めた七花。刀の破壊。己の破壊を許されてこそ、虚刀流は真の実力を発揮する。死を覚悟し、そこを死に場所と定めた彼の決意の言葉は、もうそれはすべてが残すべき相手のいない遺言。

 示しを付けるため、彼は現将軍を殺し、けれど世は何事もなかったかのように、ただただ継がれていってしまう。そんな終わり方でした。


 何もかも叶うほど、何をしてでも叶うほど、この世はうまく明るく、便利にはできていない。努力が報われないことが多く、精一杯伝えようとしても、一片も伝わらないことも多い。

 生きるため、生き抜くためのルールなんて存在はしない。

 こうすればよりよくなる。あの方法であれば夢に近づける。せいぜいその程度であって、「自分」が見いだせる未来、歩いていきたいそのさらに先の未来を、自分の思う通り進めたければ、それはすべて「自分」が見つけなければ、叶うことはゼロといってもいい。

 目的は確かに達せなければ意味がないといわれるかもしれない。
 夢は叶えなければ、意味がないといわれるかもしれない。

 結果がなければ、人は動かないかもしれない。

 それらを本当の意味で理解し、心に常に置いておくことこそが、まずは始まりであると。


 全11回。それをすべて網羅する今回。見事な構成であったと思います。伝えたいことも明確で、物語も明瞭で、キャラはいずれもユニークで。きっとおもしろい、と、思った作品がこうして期待以上に面白いと感じることができるこの喜びが、やはりアニメを見続けていってしまう(^_^;) 原点なのかもしれないです。本当に面白かった。

 また必ず西尾維新の作品には出会うであろうから、その時はまた期待してしまうだろうな。それでもきっと、上回ってはくれる、そんな思いを感じながら、見終わりました。ラストをみな実さんに戻してくれたことも、それだけでうるってきたw

 ほんとに1年。お疲れ様といいたいです。1つも見逃すことなく、きちんと見続けることができて良かった。見ることができてよかった作品です(^_^) またどこかで、一片を感じられるような作品があると嬉しいな。
 継がれていくのは確かなことで、最も望み信じたいことだから。

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
刀語 第12話 「炎刀・銃」
とがめの死を持って完成した変体刀・虚刀流「七花」。 四季崎記紀の目論みとは、歴史の改竄。 尾張幕府の終わりであった…? ...続きを見る
SERA@らくblog
2010/12/11 17:06
刀語 第十二話 炎刀・銃
 まさかそういう終わり方をするとは…… ...続きを見る
つれづれ
2010/12/11 17:06
【刀語】最終話 あっという間の1年だったな
刀語 #12 炎刀・銃 ...続きを見る
HISASHI'S ver1.34
2010/12/11 17:21
刀語 第12話(最終回) 「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」 感想
黒歴史ならぬ嘘歴史。 ...続きを見る
ひえんきゃく
2010/12/11 17:46
刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」
これにて『完了』 それは12本の不思議な刀をめぐる戦いの記録 ...続きを見る
せーにんの冒険記
2010/12/11 18:24
刀語 第12話「炎刀・銃」
『最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将軍・家鳴匡綱語られた完成形変体刀の真実は、誰もが驚愕するものであった。そして、七花ととが... ...続きを見る
Spare Time
2010/12/11 19:23
刀語 第12話(最終話)『炎刀・銃』
生きるという命令を守るつもりも無い。自らを守れと言う命令を守る気も無い。 右衛門左衛門はとがめに致命傷を与えたものの即死はさせず、七花に「何と言って死ぬのか」聞くように促します。 自身の死を理解したとがめは七花に遺言を託します。「自分が死んだら『ちぇりお』を間違った意味で日本中に広めて欲しい」今そんなギャグ言ってる場合か。 とがめが死ぬはずが無い。七花を腹心にしてくれるんじゃなかったのか。一緒に地図作りをするんじゃなかったのか。必死に懇願する七花に対し、 全部ウソだ。とがめバッサリ切り捨てます。... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2010/12/11 19:53
刀語 第12話(最終話)
刀語 第12話(最終話) 『炎刀・銃』 ...続きを見る
刹那的虹色世界
2010/12/11 20:05
刀語 第12話「炎刀・銃」(最終回)
刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2010/12/22)岩崎琢商品詳細を見る  10分ほど使用した七花ととがめの別れのシーン。第6話で先取りしていたのですね。右衛門左衛門が急所を外してくれたおかげか... ...続きを見る
破滅の闇日記
2010/12/11 21:54
刀語 12話『炎刀・銃』
そもそもきみは歴史とは何だと思う ...続きを見る
本隆侍照久の館
2010/12/11 23:24
刀語 第12話「炎刀・銃」
最強の刀 虚刀「鑢」 ...続きを見る
雑食生活の日々
2010/12/12 01:07
刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」&シリーズ感想
なんたる名作!! 歴史ドラマに特有の面白さ・感慨深さが、ぎゅっと濃縮された物語だった! ...続きを見る
妄想詩人の手記
2010/12/12 02:05
刀語 第12話(最終話)「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」
とがめ最後の奇策 ...続きを見る
隠者のエピタフ
2010/12/12 13:31
刀語 12話(最終回)
歴史とは作られるものではなく、紡がれるもの。というわけで、「刀語」12話(最終回)容赦姫よ安らかにの巻。とがめさんは死んだ。最期の会話は少々長かったが、あっさり死んだ。 ... ...続きを見る
アニメ徒然草
2010/12/12 15:27
刀語 第十二話『炎刀 銃(エントウ・ジュウ)』(最終話)
『七花、私が死んだら“ちぇりお”を気合を入れる掛け声として、日本中にはやらせてくれ』 『“ちぇりお”を間違った意味ではやらせるなんて、俺一人じゃ出来ないよ』 まさかの流れに…途中まではこれも奇策の一環かと信じてた(涙) 刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生… ...続きを見る
風庫〜カゼクラ〜
2010/12/13 19:20
刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」 感想
★★★★★★★★★★(10:素晴らしい) ...続きを見る
サボテンロボット
2010/12/13 20:31
(アニメ感想) 刀語 第12話 「炎刀・銃」
刀語 第九巻 / 王刀・鋸 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2010/12/14 18:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


刀語 第十二話 「炎刀・銃」 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる