ハートキャッチプリキュア! 第46話

本当の強さ。本当の美しさ。


 世界の終焉があっさりと、ものの数分で訪れてしまったため、クライマックスも一気に訪れました。
 今回でクモジャキーとコブラージャさんがラストバトル。対峙するはキュアマリンとサンシャイン。ガチタイマンです。いつもはよってたかってw 4体1な時が多いけど、ここばかりは1対1。

 クモジャキーは強さを、純粋に強さだけを求めて続けていました。何よりも強く、何にも負けない屈しない強さを。
 でもその強さの探求は、目的にはなり得ない。そして本当の強さは、己のためにではなく、守りたい人がいてこそ発揮されるのだというのが、マリンの考えでした。

 誰かのために。愛する人、大切な人たちを守りたいと心から願い叶えようとする想いがあるからこそ、その強さに限界はない。彼の望むような、限界のない強さを得ることが出来る。


 コブラージャは美しさを追い求めていました。いかなるものにもまず美がなくてはならない。そして己の愛でるものはすべて美しく、美しくないと判断したものにはまるで興味はない。特に人とその心には。
 でもその美しさの探究は歪んでいました。「本当」が何なのか、理解できていなかった。ただ、心の底から求めていことは確かで、だからこそ最後に、キュアサンシャインの美しさを、自分の目で見て感じ取り理解していました。理由なんていらない。目の前の彼女が、限りなく眩しく、穏やかに、何よりも美しいと感じてしまったのなら、それが「本当」のこと。
 ただ、いずれにしても遅すぎました・・・

 「ノコギリソウ」の花言葉は戦い。
 「ハマナス」の花言葉は美しい悲しみ。

 二人は浄化され、それぞれが返っていきました。。。


 あれ、二人の人間の時の姿ってこの先に出てくるのかな。絶対にいらっしゃるって思ってたけど・・・

 次はムーンライトとダークプリキュア。そしてサバーク博士がご登場。今回入っていたおばあさんとサバーク博士とのシーンは、構成的に微妙だったかな。今回は純粋に二人の戦いに絞った方が良かった気はなんとなくしました。ここまでの長い戦い。締めくくりがどれもコンパクトなところも、決断されてのことだったんだろうな。しかしここにきてサバーク博士唐突に出てきたw 正体とか気にしたことなかった(^_^;)


ハートキャッチプリキュア!【2】 [DVD]
ポニーキャニオン
2010-07-21


Amazonアソシエイト by ハートキャッチプリキュア!【2】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

J-YUN
2011年01月22日 15:31
えりかといつきがめっちゃ活躍しましたね、えりか好きとしてこれほど楽しんだ回は久々。やはりプリキュアは1対1のタイマンの展開が一番燃えます。自分はコフレを乗せたえりかが一番面白かったですね。彼女の小柄な体型も相まってとてもキュートでした。
2011年01月23日 11:01
 えりか最後の活躍となりましたね。やっぱ途中いろいろ浮気しかけたけど、やはりえりかのために!、という想いがこのプリキュアには残りました(^_^) バトルはほんとハンパないところが自分も大好きです。

この記事へのトラックバック