魔法少女まどか☆マギカ 第11話「最後に残った道しるべ」

集束する因果。


 大きな困難を乗り越えて、とうとうTV放映する形を取れたまどマギ。その期待値を高めるため、このおよそ一ヶ月という時間は十分過ぎるほどに足りる時間でした。
 哀しい因果。恐らくこの一ヶ月がなければ、この作品はここまでのものにならなかったんじゃないかと思うほど、盛り上がりは大変なものであったと思います。良くも、悪くも。


 ほむらちゃんの力によってまどかの力は高まりに高まってしまった。その仮説は恐らく真実。ほむらちゃんは自分の能力以上の、もっともっと大きな世界の中でただただ無駄にやり直しをしていたに過ぎないばかりか、最も望まない未来を自ら積み上げたぐり寄せ、導いてしまっていた。

 何度も時間を遡り、失敗しやり直してきたこと。ほむらちゃんは一方的にまどかに対して告白しました。まどかちゃんにわかってもらいたいとも、知ってもらいたいとも思わない。思えない。ただ、口から発したかった。本当のことを、声に出して、涙を流して言いたかった。

 彼女がここまでに至るまでの時間が果たしてどれほどのものだったのかは定かではありません。この一ヶ月を一体どれほど繰り返してきたのか。それと同じ数、大好きな人の死を見てきたという現実。伝えられることなんて、最初から無理なこと・・・。


 再びワルプルギスの夜が訪れ、再び繰り返そうとしたその時、ほむらちゃんは諦めようとした。自分のこの時間軸の操作によって、まどかへの因果がまた1つ増えてしまうとしたら、これ以上希望に縋って絶望を引き寄せることに何の意味があるのかと・・・。

 彼女が魔女へと変貌を遂げようとしたその時、まどかは彼女の手を取りました。


 ここまで描かれてきたことが、これまで彼女が繰り返してきた時間と何の違いがあるのかはわからないし、何もないようにしか見えませんでした。この無限ループをやめれば世界は終わるし、やめなければ無限に繰り返し前へ進む事なんてありやしない。

 今度、まどかが取る行動には何かがあるとういうのか・・・



魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2011-03-30


Amazonアソシエイト by 魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック