STEINS;GATE 第1話

春新番8つ目。何かが始まったプロローグ。


 CHAOS;HEADと同じく、5pbとニトロプラスによるコラボレーションから生まれたゲーム。そのアニメ化。ゲームはやったことなく、なのでストーリーもさっぱりなので、このアニメで初見。

 舞台は渋谷から秋葉原へと移り、物語は何がどう始まったのかわからないまま1話は終わってしまった感じ。唯一主人公、岡部君が言っていた

「メールが過去に送られている」

 という言葉。ここからこの物語は始まったようでした。

 7/28に送ったメールが7/23に届いている。一瞬これがどういうことなのか理解できなかったけれど、どうやらこの現象は偶然ではなく固定された設定?能力で在って、物語はこの力をキーに進んでいくようでした。でもどうやって進むのかさっぱり・・・

 ここから起きるすべての現象は、未来によって創り出される。過去・現在・未来、という時間軸をどう歪めていくのか。未来になって過去に対して未来の情報を与えて、その情報を持って未来が変わってしまうのだとしたら、どうやったって最初の未来は存在し得ない。何かもっと別の理念、考え方、設定によって進んでいくんだろうな。

 真面目に見ていって損しないのかどうかすらまだわからないけど、どういうことかがわかるまでは見てみないことにはなんともいえないな~ 1話じゃ判断つけられませんでした・・・ なので次も見てみます。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック