花咲くいろは 第6話 「Nothing Venture Nothing Win」

「何かをすれば、何かは起きる」


 前回?くらいに電話でのみ出ていた崇子さんなる、喜翆荘には似つかわしくない方が来訪されたお話。実際には結構前から月一で来ているコンサルティング会社の方みたいでしたが、性格も、肝心の仕事もまるでダメでw なぜ雇っているのか不明です。

 毎回セクション毎に被害に遭っててw 今回は仲居さんたち。コスチュームを変えて臨む、という誰が見てもNGなプランに、やる気はいつも全開な緒花ちゃんは果敢にもトライ! 菜子ちゃんは完全に巻き沿いを喰う形で無理矢理参戦させられ、もちろんプランは見事に失敗。菜子ちゃんの色っぽい衣装を堪能できたに過ぎませんでした。いや、これはこれでもちろんありがとうございました。


 けれど喜翆荘の経営が思わしくない、ってことだけは事実。緒花ちゃんはなんとかしたいと考え始めました。具体的には何のために、ということには触れてはいなかったけれど(住む場所を失うという切実な問題はあったw)緒花ちゃんにとってはあまり「何のために」っていう理由はいらないように思えるな。

 雑誌見たり、縁さん励ましたり、女将に直談判したり。みんちにも相談したり(1ホビロンGET)。そんな彼女のがんばりを見て腰を上げたのがなんと豆じい!!出番あった!!w

 豆じいは昔女将さんが使っていたあでやかな着物を保管している隠し部屋?へと緒花ちゃんを案内し、緒花ちゃんはこれを活かそうと考えました。またしても菜子ちゃんは巻き込まれたのだけれど、今度は承諾。だって誰が見ても可愛いし、きれいだし。髪型もちゃんと整えてくれてますます可愛かったなぁ。

 旅館に泊まってくれていたお客さんにもとても好評で、昔からの常連さんたちには一目で、その衣装が女将さんが昔着ていたものだとわかってもくれました。

 何か新しいことを。
 物事を変えるためには、今のままを続けていては決して変わらない。何かをすれば、何かリアクションは必ず起きるもの。その結果で変化が訪れるのかどうかはわからないし、全然別なものかもしれない。でも"何かをしたい""何かをしてあげたい"という気持ちは、たぶんどんなことをするに必要な力だろうな。
 もちろん緒花ちゃんはただやってみたかった、ってだけじゃないし(^_^;) 守りたいって気持ち、あったしね。

 努力をすれば必ず報われる。もしそうなら、正直誰も苦労なんてしないもの。緒花ちゃんはずっと8千円だったことを、ずっとずっと不満だった、だから2万円に涙したんだろうな(^.^)

 今回も彼女のポジティヴさがいっぱい描かれて、思わず徹さんが壊れかけるほどw 絵的にも魅力ある場面多く、見応えありました。よくぞ毎回毎回1話30分足らずの中にコンパクトに、凝縮してくれるものです。


 次は仲居頭 巴さんがはじまっておわるんだw 楽しみ!!

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2011-07-20


Amazonアソシエイト by 花咲くいろは 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック