あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

ゆきあつもじんたんと同じく、ずっとずっと抱え込んでいました。
あの日からずっと、ずっと。


 「俺がめんまを死なせたんだよ」

 そう、叫びながら涙を流していたゆきあつ。彼もあの日からずっと、めんまのことを忘れられないでいました。大好きなめんまのことを、忘れられないで。

 つるこはちょっと前から気づいていました。でも何もしてはこなかった。どうせ自分が言っても、と、頭にあったんだろうな。でも変えてあげたい、とはちょっとは思っていた。だからあの夜、すべてを明かさせて、現実を無理矢理に突きつけることをしたんだと思う。その行為自体が惨めだとか、女々しいとか、そんなん通り越していたんで、とても穏やかにやめさせることは叶わなかったんだろうな。

 あの日。彼はめんまに告白もしていました。とても男らしく(^_^;) でもめんまは彼を選ぶことはしませんでした。そのことがあったのに、それでも好きという気持ちは抑えられず、忘れられず、上げようと思っていた髪留めを、一度は捨てても、また拾ってきてしまうほどに。

 つるこも同じものを持っていたってことで、もう彼女の気持ちもはっきりしたかな。彼女の行動力、決断力と性格は、正直いってゆきあつにぴったりな気がしたかなw


 なるこちゃんの交友関係は少しよくない方向へいってたけど、今回の一件で吹っ切れたと思いたい。彼女はものすごく純粋で可愛いから、じんたんたちを選んで欲しいよ。彼女は変わる必要どこにもないからさ。。

 ぽっぽはまだめんまのことを信じてくれていました。けれどその考えはちょっと進んでしまってて、ここに居るということは、恐らく「よくはないこと」と、思っていた。彼女が死んだことは事実だから、彼のその考え方は全く持って間違っていない。でもじんたんもめんまも、敢えて考えないようにしていたこと。。
 なぜ現れたのか。
 どうしてじんたんにだけ見えるのか。

 いつまで、見えるのか。。

 最初からあった物語の根本な部分に、とうとう今回触れられてしまった。おかしな話で矛盾しているんだけど、この不思議な状況がずっと続いても、と、思えるほどに、あの時間の流れは、自然に、日常になりつつあったなぁ。毎回毎回めんまは泣いちゃってるけど(^_^;) それでもめんまは今の状況を嬉しく思ってくれているところが、また切ないです。それにじんたん以外のみんなともお話したい、って思ってる・・・ でもどうすることもできないし、何もわかっていないから、哀しいって気持ちだけが、涙とと共に溢れるだけでした・・・


 もう折り返しに入ってきたなぁ。5人の気持ちが一緒になりつつあるところもあれば、実はバラバラで進んでいくところもあって、そのどちらも、とても心情が伝わりやすく、丁寧に描かれているように見えました。それぞれが「どうしたいのか」が不明確なものの、関係は変化を続けていました。
 やはりじんたんの決断こそが、願いに繋がるってのは変わっていないんだろうな。それと5人みんなの気持ちが、必要だと思います。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック