スイートプリキュア♪ 第21話

信じ続ける力。ハミィはどうあっても、何があってもセイレーンを信じ続けました。
そしてその力に応える形で、4人目が姿を現した。

 

 ハミィはこれまで集めた音符をすべて取られても、セイレーンが哀しみのメロディを歌って、世界がズンドコに落ちても、それでも、セイレーンを信じ続けました。笑顔で。。笑顔でにこにこしながら、でも目には涙が浮かんでいて、という場面はとても心打たれました。親友なのであれば、どんなことがあっても相手を信じ続ける。それは今の響と奏も同じ。

 これまで何度も何度も騙されてきたんだけれど(^_^;) それでもハミィは疑うことはできなかった。でもそれって「疑いもしなかった」が正しくて、ハミィは「どうして・・・」と思うことがあっても、それ以上の気持ちは持っていませんでした。セイレーンと共に過ごしてきた親友としての時間の方が、あまりにも長いから。

 不幸のメロディ演奏まで、準備は着実に進められ、メフィストは万が一のことも考えてハミィも拘束。もうどこにもぬかりなし!って状況まで持ち込めた。でもそれを打破したのはやはり、ハミィでした。

 ハミィの声は確実にセイレーンの心に届き、彼女の瞳からも、涙が零れていました。彼女自身理解は出来ない状況だったけれど、その涙は本物。そしてハミィへ危機が及んだそのとき、光が彼女を包み込み、彼女は新たなるプリキュア「キュアビート」へとその姿を変えることに!!!

 変身シーンはカットされていたものの、予告でだいたい出てた(^-^) ので、次回はちゃんと見られそうだな。かなりまた可愛らしくて期待です。

 キュアビートのおかげでハミィは無事救出され、キュアメロディとリズムも「絶対に諦めない」心で、メガトーンを撃破。奪われた大量の音符も取り返すことが出来ました。


 いよいよ登場したキュアビート。でもまだ「じゃあこれからは一緒に戦いましょう!」とは、すぐにはいかないみたいだ。毎シリーズごとほんと大変考えられてて、嬉しいなあ。商品CMがあっさり流れてしまうところを、今後改善願えればw それだけでもう満足です。

 キュアビートが仲間になったら、あとは3人目?かな。彼女は彼女でいつまであの格好なのだろう・・・

スイートプリキュア(音符記号) オリジナル・サウンドトラック1
SMD itaku (music)
2011-06-01
TVサントラ


Amazonアソシエイト by スイートプリキュア(音符記号) オリジナル・サウンドトラック1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

J-YUN
2011年07月14日 01:38
ハミィのまっすぐさにひたすら感動しました。なぜ彼女があそこまで信じられるのかアフロディテ様がその答えを出しましたね。親友だからそれ以上の理由はないのですよね。それによってセイレーンを心を突き動かしたのですからこの時の信じていたハミィとまるで信じてなかったメフィストが対照的に写ってましたね。ついに来たキュアビートやはりベリーに酷似してますね。でもやっぱりというかすんなりと仲間には行きませんでしたね。ここら辺の葛藤がせつなとは違う感じがします。何というか元は幼馴染ならではのって感じで。さてこの葛藤をどう乗り越えるか次回が待ち遠しいです。
2011年07月16日 20:21
 響と奏が目指していた本当の親友。それを既にハミィはセイレーンと築いていました。だからハミィは響と奏のことをちゃんと見ることができて、教えることができていた。ちゃんとお話と背景が繋がっていて、違和感なく作品テーマが描かれていることも、とても嬉しく思える回でした(^-^) 徐々にビートがこっちに寄ってくるのかと思うとそれだけで楽しみですw

この記事へのトラックバック