Fate/Zero 第三話「冬木の地」

「この私に、勝利を。」


 あっさりと敗れてしまったかに見えたアサシンは、よくわかんないけどまだまだたっくさんいました。でもサーヴァントを失ったから教会に保護を受けられる権利を得ていた、ということは真実なようだったので、じゃああのうじゃうじゃいたアサインたちはなんだったんだろ。

 ウェイバー君とライダーは相変わらずだったなぁ。彼らがFateの基礎知識をいろいろ補足してくれるんで助かります(^_^) あのライダーはちゃんと頭も切れる感じだから、かなり手ごわそう。

 そして今回、切嗣、アイリス、そしてセイバーが日本、冬木市へとやってきました。 

 アイリスの境遇、そのすべてをこのアニメだけで知ることはかなり困難なのでは、と、思うほど、複雑な、そして言葉に出来ない悲しみがありそうでした。ずっと城にいて、聖杯戦争のために存在を許され、切嗣との関係も、決して1つの想いで結ばれているとも限らないようで。。

 セイバーと二人、冬木の街を歩いていたアイリスでしたが、そこにランサーが登場。二戦目はランサーとセイバー、というところで今回はおしまいでした。ここで緑川さん、というのがまたかなりかっこよかった!

 切嗣の作戦がまたかなり冷酷というか、なんというか・・・舞弥さんはかっこよくも美しい方でしたが、単なる助手、という関係なのか・・・と、思うとめぐって、そこまでしてこその「助手」なのかとか考えてしまったなぁ(^_^;) 絶対的な勝利を、敗北はまさに死でしかないこの戦いの中、常識的考えや思考が、必ずしも通用するとは限らない。未来は1つしかないという覚悟の中、彼等の戦いは熾烈を極めていきそうです。


 次回、だいぶウェイバー君がおもしろいことになってるけど、ランサーは今回も(というか見た目一緒に見えたんだけど、槍は2本だったなぁ)強敵には違いなさそう。戦闘、楽しみです。


Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)
講談社
虚淵 玄


Amazonアソシエイト by Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 群がる魑魅魍魎 朝夕のアニメより

    Excerpt: Fate/Zero 第3話 ぬらりひょンの孫 千年魔京 第15話 灼眼のシャナ 最後#2 Weblog: 義風捫虱堂 racked: 2011-10-16 07:17
  • Fate/Zero 3話

    Excerpt: 情報を制する者は戦を制す。 というわけで、 「Fate/Zero」3話 権謀術数の巻。 正面切ってのぶつかり合いすら、作戦のうち! 観察されてることを逆手に取った、偽りの戦端。 .. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-10-16 11:09