スイートプリキュア♪ 第47話

乗り越えられない哀しみは、決してないのだから。


 ノイズとの最終決戦は、ノイズが生まれた理由を聞いたことにより大きく変化しました。
 彼は自分たちがいたから生まれた。
 それを知ったメロディは、もう倒すことはできないと。助けるしかないと、心に決めました。

 ノイズと対話しながら、壮絶なラストバトルは、これまでのプリキュアと少し異なりつつも、クライマックスそのもので、画もきれいで、すべてが注がれた、この1年で積み上げたすべての集大成を見ることができたと思います。

 哀しみや苦しみは決して失われることはない。でもそれを乗り越える力を持っているのが人間。乗り越えるためには笑顔を、笑顔を生むためには音楽を。
 確かに永遠に乗り越え続けることに意味を見出すことは難しいかもしれません。でも人はおそらく誰しもが、幸せになりたいと願っている。であれば、それが一つの意味といえるのかもしれない。

 プリキュアたちの想いは力となり、再び奇跡は起きて、また大きな力となり、そしてノイズへも届くことができました。

 哀しみを全部なくして、楽しいことや嬉しいことばかりが続くこと、それが幸せなこと、とは言わない。哀しみも苦しみも淋しさもあって、それでも、という心を持って、立ち上がり前へと進み、自分の信じる道を、幸せと願う未来を進むこと。まさに生きることとと同意なのかもしれないな。
 そこに、音楽を響かせ、奏でていけるのであれば、より笑顔が集まり、幸せは近づく。


 相変わらず、といってしまうと簡単だけれど、今期のプリキュアも見事なエンディングだったと思います。熱く、ひたすらに熱く、それでいて優しく、包み込まれる温かさを持ったプリキュアでした。

 次回でとうとう最終回。エピローグとして楽しく終わってくれそうです。エレンの口の中に猫セイレーンが描かれてるところ結構好きw
 




スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.1
TCエンタテインメント
2011-10-28


Amazonアソシエイト by スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

J-YUN
2012年01月23日 02:20
プリキュアの名がすたるこの一言に尽きます。今までの積み重ねがフルに生かされた素晴らしい回でした。そしてノイズの正体も明かされましたね、この世の悲しみの塊というより受け皿のような存在だったと。それを聞いた響の取った行動が倒すのでなく救済という戦い、これは彼女らしさが出てます。今回はハミィも大活躍でしたね、そのときの行動、言葉は非常に説得力を感じられました。それはプリキュアらも同様で彼女達はこれまで喧嘩やすれ違い、裏切りなど悲劇を繰り返してきたけどだからこそ、それらを乗り越えたという自覚とそれができる自信を持てたのだと今まで見てきてそう思えます。最後はノイズが笑顔を浮かべ消滅し、あの”まったく”は彼女らの行動に呆れつつも満更ではなかったそんな顔でしたね。ついに次回は最終回ハミィやノイズはどうなったかなど気になるとこ満載ですけど次回は絶対見逃せませんね。次作スマイルも大変楽しみです。
2012年01月23日 21:03
 ハミィは頑張りましたよね。マスコットキャラでありながらも、戦いへ自ら飛び込んできたところ。ちゃんとすべてを理解していた上での行動だっただけに、すごく良かったです。
 いつもながら1年はあっという間(^_^;) 最後の彼女たちの活躍、楽しみです。

この記事へのトラックバック