氷菓 #20「あきましておめでとう」

あと4ヶ月もすればお正月。


 ささっと年を越してて、お正月。ちーちゃんの艶やかな和服姿。摩耶花ちゃんの巫女姿が見られてもう、序盤だけで十分満足のいく回でした。

 お話自体は何やら古典落語のような、所謂「お話」で、これはこれで面白かったです。ちーちゃんの諸事情がなければ、何も面白くなる要素がなかっただけに、うまくまとめられていたと感じられました。納屋の側で、時間差で、ちーちゃんのハンカチと折木君の財布(空っぽ)が見つかった時点で、摩耶花ちゃんなら気づいてもおかしくないのに、とは思ったけれど、そこがこの作品の、当初から感じている今回の「僅かな違和感」だったかな。小豆の袋のお話でようやく自体に気づいたのは里志君。納屋の戸を開けたから「あきましておめでとう」そのセンスが、折木君にはあって、里志君にある誇れるw スキルだとは思いました(*^_^*)

 様々な偶然と境遇が引き起こした密室事件。すべてはあのおみくじから始まっていたのだとしたら、もうどこにもその思いをぶつけるところはなくw 元旦早々始まったその年は、思い出深いものになるだろう、としか思えなかったかもしれない(^_^;)


 どうやらもう短編の集まりで締めくくられてしまいそうなこちらの作品。もう1つくらいあっても嬉しいのだけれど、次回はそのまま時間が進んでバレンタイン。摩耶花ちゃんがまた頑張っちゃってテレてくれて可愛いところが見られそうです。そいえば今回妄想とはいえ、折木君のてへぺろが見られたのも面白かったw




 
氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]
角川書店
2012-07-27


Amazonアソシエイト by 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第20話 雑感

    Excerpt: [氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第20話 「あきましておめでとう」 #kotenbu2012 #ep20 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーと.. Weblog: 妖精帝國 臣民コンソーシアム racked: 2012-09-03 23:52
  • [アニメ]氷菓 第20話「あきましておめでとう」

    Excerpt: 本当は二人にとっておめでたい事態なのに、おめでたくない。これが納屋と古典部部室の違いか。意識しだした二人を見て、最終的に里志のようなニヤリとした表情になってしまう自分 ... Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2012-09-04 02:40
  • 氷菓 チバテレ(9/02)#20

    Excerpt: 第二十話 あきましておめでとう 公式サイトから正月早々からえるに呼び出される奉太郎。えるの新春の挨拶に付き合うことになった奉太郎。えるの着物姿にまんざらでもない。神社では巫女の十文字かほともう一人の巫.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2012-09-04 06:27
  • 氷菓 第20話

    Excerpt: 「あきましておめでとう」 あきましておめでとう! Weblog: 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w) racked: 2012-09-04 19:38
  • 氷菓 第20話「あきましておめでとう」

    Excerpt: しとらす的には、ケータイを持たないカップル2人が納屋に閉じ込められるハメになったのは、御籤の「凶」のせいではなく、初詣にえるの隣で 「エネルギー消費の穏やかな一年を送れますように」 なんてことを神様に.. Weblog: ボヘミアンな京都住まい racked: 2012-09-05 21:05
  • 氷菓 #20

    Excerpt: 今回も「遠まわりする雛」からのエピソードです。奉太郎がえるに誘われて、初詣に出かけるお話でした。お正月、家でぐ~たらしていた奉太郎のところに、えるから電話がかか Weblog: 日々の記録 racked: 2012-09-08 19:57