アイカツ! 第6話

アイドルにとってサインも重要!


 サインがまだないいちごちゃん、あおいちゃんのため、前回から急接近した蘭ちゃんが教えてくれることとなりました。半ば強引に二人が蘭ちゃんを誘った形にはなっていたけれど、ツンデレ風味たっぷりで可愛らしい蘭ちゃんがたまりません。
 私服を見られたところも良かったなぁ。あおいちゃんと感想が完全に一致です。写真撮りたい気持ちになった。そしてお菓子がどれもこれも渋いw ひとしきりスパルタで教えてもらった後は、「わたしもたのしか・・・」と、ついデレが出てしまってその瞬間をあおいちゃんが「萌え・・・」とw なかなかないシチュエーション。とくにあおいちゃんのポジションはなかなか。男の子じゃなくて女の子で、ってところがまたいいのかも。あおいちゃんの感性がこの作品を左右していくといっても過言です。

 無事完成したかに見えたサイン。あおいちゃんのは先生にお褒めの言葉をいただくことができたけれど、いちごちゃんのは一言でいうと「ヘビィ」。見た目ささっと書けるような質量ではありませんでした。でもあんなきれいなサインもらえたら、ファンとしてはそれはそれで嬉しいかもって思います。でも毎回のサイン会が、長蛇の列になってしまうことは容易に想像できる未来でした。

 てっきり作りなおすのかと思ったら、いちごちゃん即座に特訓へ。あのバネっぽいのが「ギブス」的なもので、特訓になっている!?と、思える子どもたちはもう存在しないと思いました。あのネタわかる子はもういないよね・・・ 見た目あれで鍛えられるとも思えないしw ギャグとして使われていたからあれで良かったんだろう(*^_^*)


その練習の成果はすぐに披露するチャンスを得られました。勝手にらいち君がサイン会を開催w そこでいちごちゃんは特訓の効果もあり、見事あまりおまたせせずにサインを渡せてはいました。でもあまりに夢中で書いてしまっていたため、ファンの人たちの呼びかけに全く応えることができなかった。蘭ちゃんはすぐにそのことを指摘。ファンの人たちはサインも欲しいけれど、何よりもいちごちゃんに会いたくて来ているんだということを、いちごちゃんは痛感しました。せっかく会いに来たアイドル。そのアイドルに無言でサインを渡されても、気持ちは離れていってしまう、っていうのはよくわかります。相手は同じ「人」なんだということ。もっといえば「自分を好きでいてくれるファン」なんだということ。いちごちゃんはちゃんと反省。ジョニー先生に対しては見事、その想いが伝わってお褒めの言葉を(*^_^*)ちょっとずつ成長してるって見て取れる作品は、やっぱ楽しいです。


 蘭ちゃんは実に素晴らしいツンデレキャラになりそうでこれからますます楽しみ。次回はTwitter的なw

 


アイカツ! シンデレラレッスン
バンダイナムコゲームス
2012-11-15


Amazonアソシエイト by アイカツ! シンデレラレッスン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック