聖闘士星矢Ω 第42話

山羊座 カプリコーンのイオニアが語る、アテナへの忠誠と愛。


 残る黄金聖闘士は二人。今回は、本作で最初に敵として現れた黄金聖闘士、イオニア学園長さんが相手でした。おじいちゃんです。

 まるで歴史の語り部かの如く、彼は自分の行いを光牙君たちに語り始めました。
 彼がアテナのためにパライストラを作ったところくらいまでかな、理解できたのは。星矢たちのせいで、確かにアテナは幾度も危機にさらされたかもしれない。でももし彼等さえもいなかったら、アテナはとっくの昔にこの世から消えていたのも事実だろうし・・・ 自虐の念かは知らないけれど、幽閉されている間のアテナはじゃあどうしたんだよ。星矢たちのことを語れないほどに、自分はアテナをずっと放置してたんじゃないの? 精神を高めるのはいいから、せめて沙織さんの家の前で警護しながらでもやれよw なんという自己満足の塊。そんな彼でさえ許してしまうアテナの慈悲。それを履き違えるイオニア。もうどうしようもない、、アテナへの愛ではなくありゃあ、沙織さんへの愛だよね。。

 マルスの力を持って、アテナを運命から解放させてあげたい。その思いで、イオニアはマルスの、メディアの言葉を受け入れ、今に至っていました。アテナを「守る」のが聖闘士であって、誰もアテナを解放しろなんて頼んでも頼まれてもいない。ただ「可哀想だから」そうしただけ。救いようのない頭しか持ってませんでした。悔やむべきこととすれば、なぜもっと早く、彼の後継が現れなかったんだろう、ということ。なぜもっと早く、彼を引退させておかなかったんだろう、ってこと。

 もう彼への憤りは尋常ではありません。光牙君は若干彼に飲まれそうでしたが(^_^;) すぐに立ち直って戦闘開始。
 彼の力は「言葉の具現化」彼の言葉はそのまま現実に反映されてしまうものでしたが、光牙君はアテナの力を、己の力、意思を信じ、彼の力から脱しました。そしてセブンセンシズへと目覚め、見事イオニアを葬り去ることができた! 彗星拳久しぶり♪


 こうして残る宮はあと1つとなり、残りの3人も追いつくこととなりました。なのでラストは5対1、ってことかと思ったらちゃんと仲間召喚するみたい(^_^;) でもあのアモールはなぁ、完全に黄金王にしか見えないから手強いだろうな・・・。
 



聖闘士星矢Ω 1 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-08-24


Amazonアソシエイト by 聖闘士星矢Ω 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック