ちはやふる2 第5話

いよいよ予選決勝。繋がりし力。


 決勝は再びの北央。今回北央には須藤さんがおらず、部長はなんか省エネ主義(手抜き主義)まともな対戦になり得ないのかと思いきや、ヒョロ君だけは違っていた。
 彼は全力で瑞沢との戦いを臨んでいて、そして勝利することこそが北央なのだと確信していました。その彼を後押ししたのは、今回読み手として来てくれていたあの須藤さん。結局参戦w ドSの須藤再びという状況下で、決勝は始まりました。

 ヒョロ君のおかげで消化試合になるかもだった決勝は、ガチな組み合わせとなり、元から本気だった千早ちゃんは、さらに闘志みなぎることに(^_^)

 読み手で参戦なんて、須藤さんの姿勢も本当に極めにかかっていて凛々しくもやはり怖かったなぁ。
 「本当に高いプライドは人を地道にさせる。目線を上げたまま。」という評価は、頷けました。
 決して揺るがない、崩れない、崩さないプライドを維持し続けていくには、才能だけでは到底為し得ない。日々の弛まぬ努力。その地道さこそがプライドをより強固に、そして高く維持していくために必須なこと。そして「目線を上げたまま」。屈しない、決して「自分」に負けないその心を持つことは、それこそ一長一短で身につくものではないし、何よりその対象(競技かるた)に対する「執念」にも似た重きをおかなければ、結び繋がることはない。
 須藤さんってもしかしてこのままいってしまいそうな気がします。そしていずれ千早ちゃんと・・・

 北央が甘く見ていたボインちゃん、かなちゃんは、その須藤さんの読み方がとても美しいことに心地よさも感じていて、そのおかげでリズムに乗って枚数を重ねていました。ボインが動くには着物が一番。名言が生まれました。

 あと先生が感じていた、競技かるたにおける境界が、あまりにも「ない」ということ。それも競技かるたの大きな魅力の一つなんだろうな。本当に「その人」に勝ちたいという想いが強ければ強いほど、挑めるチャンスがあるのが、競技かるた。努力すればするほど、それが成果に繋がりやすい。特に性別、年齢を超えて挑めるところは大きいだろうな。


 ラストに千早ちゃんが目指しているビジョンが垣間見えましたが、それは誰もが驚愕するものでした。まさに主人公足りうる目標は、物語をより面白く興味を引くものだったなぁ。彼女がその高みまで昇る様を是非見届けたい。そう思わせる力がありました。
 あそこからの逆転できること期待して次回また楽しみ。

 


TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】
バップ
2013-03-20
音楽:山下康介


Amazonアソシエイト by TVアニメ「ちはやふる2」オリジナル・サウンドトラック【CD2枚組】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック