アイカツ! 第33話

いよいよトップアイドル、神崎美月が動く。


 突如、あの神崎美月がユニットを組むと公表し、そのメンバーを2名、オーディションで選抜することが決まりました。現時点でトップアイドルに君臨している彼女とユニットを組めればそれはつまり、一気にランクアップすることは約束されたも同然。
 こうしてかつてない規模でのオーディション、そしてアイカツが始まりました。

 美月ちゃんはこれまでずっと孤独のアイドルを独創してきていたのかと思いきや、実は過去に一度だけチームオーディションを受けてはいました。けれど結果は不合格。美月ちゃんと同等の実力者がいなかったことが原因でした。だから彼女はそれ以降ずっと、自分を目指し、駆け上がってくるアイドルの卵を待ち望んでいた。期待できる、自身が認めてもいいと思えるアイドルをずっとずっと待っていました。
 だから今回のユニットオーディション開催は、彼女の実力に見合うだけのアイドルが現れたことを意味する。だからこそ、今回の審査員は彼女一人で行うことも決意していました。後輩はもちろん、同期、同級生を篩いにかけるということは、決して生半可な気持ちではこなせない。そこに美月ちゃんの覚悟が表れていました。

 で、いざはじまってみればそのオーディション。第一ステージはもう体力一本勝負。SASUKEですw しかもこれまたアスリートでもままならないであろう過酷過ぎるアトラクション。第一の関門で4/5が脱落ってどんだけだよw
 第二関門は懐かしのジブラルタル海峡。第三はロデオに乗りながら1曲。もう何がしたいのかはさっぱりわかりませんでしたが、それでも残ったいちごちゃんたち(ユリカ様だけは風に乗って吹っ飛んでいったw)さらに3人が残っていたのだけれどその3人こそが、かつて美月ちゃんと一度だけチームとなったメンバーでした。彼女たちはずっと、あの日のことを忘れてはいませんでした。いつかもう一度美月ちゃんと。そう、誓いあってここまで頑張ってきていた。美月ちゃんという大きな星を見てきて、追いかけてきていた。

 時間そこ足りないかもしれないけれど、いちごちゃんだって美月ちゃんを目標としてきたのは同じ。その想いはきっとあの3人と同じ、あるいはそれ以上であることは、ここまで見てきたからわかる!!(^^) 彼女たちのアイカツは紛れもなくハードだったしw 紛れもなくこれまでの過程で実力を増していったのだから。

 最終的に残ったはかつて美月ちゃんとチームだった3名。プラスいちごちゃん、あおいちゃん、蘭ちゃんの6名。おとめちゃんさくらちゃんは落選・・・
 この6名でファイナルオーディションと思ったらラスト、見知らぬ女の子が飛行機からパラシュートしてきてエンディング! その空から落ちてきた子はOP/EDにも既にいらっしゃっていた一ノ瀬かえでちゃん。なにやらスーパーアイドルみたい。
 そんなすごい方とは知らなかったけれど、どうやらその子を含めてのオーディションが次行われるのかな。

 今回はちょっとずつではあったけれどかなりなアイドルが出てて、嬉しいのがそのキャストさんたちのほとんどが(恐らくw)次世代を担ってくれるであろう、と思う
方々が多く、やはりそういった観点からも、この作品の価値は大きいと思いました。今はこの作品とプリズムショーだろうなぁ。

 次回でメンバーが決定するのか。それともかえでちゃんが持っていくのかw 楽しみです。

 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

カリスマ声優白書
2021年04月08日 08:47
5月最後のアイカツ!始まります!なんですが、まず最初にお伝えするのは明るいニュースです。先月の2020年度・第15回声優アワードで「アイカツオンパレード!(オンパレ)」で主役を演じた逢来りんさんが新人女優賞を受賞しました。おめでとうございます🎊大変うれしいです。逢来りんだけに、とっても凛してる!ファンの皆さんが未熟で時々ドジな姫月(きせき)らきちゃんを一生懸命かつ温かく応援したかいがありましたね。アイカツ!シリーズからの受賞は有栖川おとめ役・黒沢ともよさんが当時20歳で飛び級で主演女優賞を受賞して以来2人目の快挙です。ドリームアカデミーの後輩&OBたちにいい報告が出来ましたね。これに懲りることなく更なる高みを目指して頑張ってください。では改めて本題に行きましょう。憧れの美月ちゃんと共演で来た星宮いちごちゃん。これからも、私のパートナーに。えーっ!て、何だ夢か?あら、目が覚めましたか?おはようございます、いちごちゃん。昨日の夜はよく眠れましたか?おや、霧矢あおいちゃんまで飛び起きちゃって、どうしたの?実はこのメール、憧れの美月ちゃんと共演できるオーディション!いちご、今度こそ「えーっ!」こらこら、周りに響くからお静かに。記者会見場は美月の空間。質問の受け答えも超一流。結果はどうであれお互い頑張ろうね!でも今回のオーディションはより高く険しい厳しいものに。早速トレーニング開始!3密クラスター関係なしの大渋滞!おっしくらまんじゅうおっされてなくな!後で床に抗ウイルス剤まくから、あっちいって!ボイトレ、この学園の生徒はおよそ500人前後。それではここで、いちごちゃんを探せ!ってどこにいるかわからないよ!んぁ~、みんな全集中、オーディションの呼吸だな。競技場、運動会の練習?中。と、後ろからオーラがひときわ放っている人が。彼女の名は三ノ輪ヒカリ。おっと、3人はサボっている時間じゃないわ!走りましょう!学園のステンドグラスは大聖堂顔負け。その光の中心に神崎美月がいます。回想シーン、なっがーい万里の長城を駆け上る美月。スターの輝きを、私にください!その夜、みんなで対策会議。美月の事を徹底的に研究していました。いちごはもう1度ランニング。私、くらいついて行きます。あのふたご姫を超えるため!帰りの車の中、美月は失敗した時のことを思い出していた。一週間後。ついにオーディションが来た。その内容は障害物競走。名付けて「風雲アイカツ城・AISUKE(アイスケ)!」さあ始まりました!最初に待ち構えるのは、史上最強の漁師・第50金比羅丸船長・長野誠が苦手なそりたつ壁G(グレート)!ボルダリングなら簡単でも、こんなに高い壁登れるの?!落ちたら大タイムロス!仲間たち、水の洗礼を受けながらもまず第1関門通過。ここでチャンスタイム!何とその場で合格がもらえるのです!第2関門はバランス命の一本橋。左右どちらか崩せば即落下。下を見るな!北見市の旧見晴吊り橋と同じだ!ボールが次から次へとびゅんびゅん飛んでくる!これじゃダメ出し競走。ダメ人間になりたくないわ。第3種目はロデオライブ。これも試練?!第4種目は突風。その試練に耐えたのは8人。いよいよ3人の番。行くよ、私達!さあ、ライブシーンの時間です!歌う曲はtristarのデビュー曲。サンライズのアイドルアニメ特有の3ⅮCGと迫力満点のステージ。良し、今回もばっちし決まった!ファイナル進出は6名。あれ、なんで私じゃないの?おとめちゃんがっくり。空から新たなライバルが出現。そう、今回のオーディションには続きがあったのです。

この記事へのトラックバック

  • アイカツ! #33

    Excerpt: 美月のパートナーを選ぶ、特別なオーディションが開かれることになるお話でした。突然美月が記者会見の席で言い出したのは、自分と一緒に活動するユニットを作ることでした Weblog: 日々の記録 racked: 2013-05-30 23:24
  • アイカツ! 第33話チャンス&トライ☆

    Excerpt: アイドル活動33週目風雲みづき嬢 Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2013-06-01 07:18