アイカツ! 第73話

フェスティバル&カーニバル!!!次はスターライト♪


 まさか、スターライトクイーンであるおとめちゃんの出番がない!? おとめちゃんは入れ忘れてしまった、とは言ってはいたけどどうやらそれは彼女の真意ではなさそう・・・
 とにかくおとめちゃんにステージに出てもらいたい。そのためにもおとめちゃんを説得しなければならないのに、肝心のおとめちゃんが全くもって見つからない!

 というわけで、スターライトはもちろん、ドリアカメンバーも総動員で、全員でおとめちゃん大捜索がはじまりました。

 おとめちゃんは今回のフェスのため、みんなのステージを盛り上げるべく、多大なる協力をしてきていました。まぐろ買い付けてくるとかもうアイドルじゃないけれどおとめちゃんならあり!!

 ようやくおとめちゃんを見つけ出すことができたのはやはりいちごちゃんたち。おとめちゃんが自分の出番を入れ忘れたのは、完全なる天然だったことがわかってしまったけどw 彼女がこのフェスに懸ける想いもまた、大きいものであることが改めてわかりました。

 卒業。
 すっかり忘れていたんだけど、この作品は作品内時間も動いていて、おとめちゃんを始め、楓ちゃん、しおんちゃん、そしてユリカ様。この4人はこの春で卒業してしまいます。なぜ今のいままで想像すらしていなかったのかと、自分に驚きでしたが(汗) もう彼女たちは中等部を去らなくてはいけない。
 だからこそ、中等部最後の仕事として、おとめちゃんは多大なる責任感を持ってこのフェスを成功させたいと願っていました。

 その想いを受け取った上で、いちごちゃんたちは4人でステージに立とうとおとめちゃんを誘いました。今までずっと一緒にアイカツしてきた4人だからおそ、たとえぶっつけ本番だったって最高のステージにできる。それは「おそらく」とかじゃなくて紛れも無く確信でした。見る側も、出る側もみんなを楽しませたい。そのおとめちゃんの信念があったからこそ、おとめちゃんは納得してくれた。
 3人で説得する場面は、先の「卒業」がなんか重なって来ちゃって、ちょっと切なく感動的なシーンに見えました。これまで培ってきた時間があったからこその、素敵なシーンだったと思います。


 そして無事フェスは終わり、最後の最後の大型ユニット「ドリームスター」が誕生しました(^^)
 そのドリームスターと他維持するは、あの神崎美月プロデュースする新たなるアイドル!!

 なんという熱い展開。アイカツという作品は間違いなく、物語も展開も演出もすべてに於いて今一番好きな作品。この盛り上がりは嬉しさしかこみ上げてきません。


 しかし次回はまた卒業の話が(>_<) ぜんぜん考えたくないのに。。でも、こればかりはどうしようもないこと。さくらちゃん、絶対につらいよね、、、


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カリスマ声優白書
2022年01月25日 19:01
前回のラスト、疑問は前触れもなく襲ってくる。神崎美月の後継者を欲しいままにしていたスターライト学園新世代のリーダー・有栖川おとめ演じる黒沢ともよさんの出番がない事件。実はこの時、おとめはわざと自分で作ったステージのタイムテーブルを作ってしまうという重大なミスを犯していた。その疑問はすぐに学園を駆け巡る。おとめはどんなときも前向き&ポジティブ、でも時に頑固。さらに、もう一つの区切りがおとめちゃん達を待っていたのです。迎えたアイドルフェス2日目。おとめちゃん、今日も一日頑張りましょう。笑顔が一番似あってますよ。デレマスの赤城みりあちゃん役も頑張ってください。美月ちゃんはまもなく、オトナの階段を上ります。2日目も大盛況のスターライトの屋台。そこに謎の千歌アイドル・三ノ輪ヒカリが。おとめちゃんにとっては”因縁の2日目"が始まった。おとめはちゃんは舞台演出。一瞬たりとも休んでる暇はないのです。ステージではスターライトのエクリプス・藤堂ユリカのルネッサ~ンスなワインショー。もちろん皆さんはワインを飲むのはは二十歳になってから。ワインは楽しくほどほどに。きいちゃんが歴代の卒業生の銅像をご案内。地下にはアイドルの殿堂入り施設も先程オープン。一度は遊びに行ってみたい学園。楽屋に入り、きいちゃんが"ジョニー・デップと別府温泉のハーフを持つ男"ジョニー別府先生から、おとめちゃん行方不明の知らせが舞い込んできた。何とかしておとめちゃんをステージに立たせてもらいたいって。おとめなら何でもできる、やればできる事を証明したくて。おとめは乙女に恋してるって。何しろ今回やるライブは4人にとって中等部の卒業ライブ。3年間の総仕上げに相応しいステージをみんなで一緒に盛り上げたい。あれでいちご達はより団結&結束した。怖い話が無く、楽しくて鈍感なアイドル達はアイカツ以外他はない。そのころファンたちはおとめちゃんがいないことに驚き・不安の嵐が駆け巡っていた。もちろん対策本部も緊急設置。逃げ足の速いおとめについてこられず、ライブシーンに使う体力は消耗。その時3人が目を向けたのは、虹と水のグラデーションがマッチした学園の噴水。ここで数多くの名場面が生まれた。そしておとめちゃんを発見。ダメでも立とうよ。おとめちゃんの気持ちを考えて、これは必然の起用だから。うっかりはもうおしまい。その様子はドリアカ4人衆にも届きました。やったね、おとめちゃん!さあ、お待ちかねのライブシーンです。アイカツ!の3学期もあとわずか。卒業と同時に待ち構えるのが新学期。でも今は一瞬の卒業気分を吹き飛ばすライブの時間。よし、有栖川おとめ、万感と充実のフィニッシュ!夜になり、迎えた結果発表。今回のフェスティバルは、過去も因縁も過去の自分も関係ありません。あるのは、どっちが盛り上げたか。勝つか負けるかで今後の未来を決めます。結果はわずかな差でスターライト学園の勝利。それも僅差。両校の健闘をたたえ合う輝かしいノーサイド精神。それにしても何故、なぜあの時セオリーを無視しておとめちゃんのステージを立たせなかったのか。その真相を2大学園長は一切語る事はなかったようです。さらに、いちごとセイラから嬉しいサプライズ。それは「ドリームスター」の結成。まもなくサクラサク便りに新風が吹き始めました。その陰で美月は、アイドル引退撤回しようとすっかり決めていたようです。最近のアニメはつまんないことに理解している。でもアイカツ!を見て「心が動く瞬間」を発見してほしいわ、って。アイカツ史に残る激戦。アイカツ史に残るベストゲームです。

この記事へのトラックバック

  • アイカツ! #73

    Excerpt: アイドルフェスの2日目は、スターライト学園の出番です。ところが、フェスティバル開催前におとめちゃんの出番がプログラムにないことが発覚しました!なんとおとめちゃん Weblog: 日々の記録 racked: 2014-03-16 15:16
  • アイカツ! 第73話ハッピィ☆アイドルフェス2nd Day!

    Excerpt: アイドル活動72週目スターライトフェスティバル Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2014-03-19 10:33