アイカツ! 第79話

運命のパートナー


 物語の焦点は、いちごちゃんが誰とパートナーとなるか。そこに集中するものとばかり思っていましたが、もう一人、スポットが当たったアイドルがいました。
 それが、藤堂ユリカ様。

 ユリカ様はゲームではかなりな人気を誇っているらしいと、この前TVで見て、かなり嬉しく思いました。あーいうちょっと一般的、とは見られていなかったゴスロリが受け入れられていたことに、このアイカツにとって大きな武器になっていました。

 ユリカ様は悩んだ挙句蘭ちゃんの名前を書いたんだけれど、蘭ちゃんはそらちゃんを、そらrちゃんは蘭ちゃんを書いていたものだから、ユリカ様はパートナーとなれず、でした。思いの外あのシステムは結構きついものがあったなぁ。結果的に合わなかったのは彼女と、かえでちゃんだけ、ではあったんだけれど。

 ユリカ様はかえでちゃんとだけはユニットを組まないと決めていました。それは誰が見ても、「トライスターの残り」と、世間から見られることを恐れてのこと。彼女は美月さんが去ったとき、二人でトライスターを続けることを認められつつも、断ってもいました。それはファンが認めないだろう、と。
 それを聞いたかえでちゃんは、何を思ったか、ユリカ様の手を引いて街へ。多くの人たtに見られて、結構な騒ぎになりつつも(^_^;) 走りに走り回りました。途中で衣装を変えていましたが、その時のユリカ様も大変な可愛さでした。

 かえでちゃんは二人でユニット組んだら、ずっと立ち止まっているみたいだ、というユリカ様の言葉に反し、ずっと立ち止まらずに走り続けた。ただひたすらに。

 どう思われてもいい。二人ならそんなの跳ね除けてもっともっと前へ進める。かえでの強いラブコールに、とうとうユリカ様も折れて、無事ユニット結成となりました。トライスターではない、新なるユニットへ。


 ここにきてトライスターを出してきてくれたこと。美月さんが去ったとのことを描いてくれたことがまた、とても嬉しかったです。残された二人があの時どう思って、何を考えていたのか。カエデちゃんは特に固有のエピソードが他の方より少ないだけに、彼女のことが掘り下げられてて良かったなぁ。ユリカ様はもう別にキャラ作らなくても十分可愛いんだってこと、にんにくラーメンの時からわかってたけどね(^_^;)

 なんか急に昔を振り返ってくれて、思いだしちゃったな。積み上げてきたものが、土台がしっかりとしていたからこそ、これからもまた楽しみです。ちゃんと彼女たちの軌跡があるからね。


 次回はあかりちゃんにお話がまた戻るみたい。新旧が絶妙に織り込まれてくるとまたどんどんおもしろくなりそうで楽しみです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アイカツ! #79

    Excerpt: いちごたちが美月に対抗して、パートナーを決めるお話でした。突然の美月の復帰とダブルエムの出現は、スターライト学園とドリーム・アカデミーにとって大きな脅威でした。 Weblog: 日々の記録 racked: 2014-04-26 20:29
  • アイカツ! 第79話Yes!ベストパートナー

    Excerpt: アイドル活動79週目美月が抜けたTristar Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2014-05-04 11:22