それでも世界は美しい 第2話

必要なのは想いと実感。



 1話目だけでは何も始まっていなかったんでわかりませんでしたが、今回を見てこの作品の言わんとしていること、その片鱗が見えたように思います。
 
 ニケが操る魔法?の制約はなかなかぼんやりとしていて、明確ではありませんでした。本人がどう感じるか。そして町の人々の心がなければ成し得ない力。
 太陽にしか恵まれていない王国で、彼女は雨をもたらすために訪れ、その国の王子に嫁ぐ。でも王子様は見た目は完全にお子様。けれどその瞳はとても冷たく、乾いていました。
 ニケは最初彼を子供扱いしていたのだけれど、彼の境遇を知り、一度は追い出された国へ自ら戻り、そして彼の危機を救った。
 彼女のその歌声は街全体へと響き渡り、その音色と共に、上空には雲が、そして城の周りにもに雨をもたらしてくれました。その壮大さ、優雅さ、何よりも彼女の美しさが、今回もっとも見せたい部分なのだろうな、と確信できました。描きたかった思いの通り、描かれていたんじゃないかな(^^)

 あと歌自身もとても美しくて、ニケ役の前田玲奈さんが歌ってくれていました。抜群の歌唱力と思いました。逸材といってもよいうような。エンディングもとてもきれいで気に入ってしまいました。キャスト名が演じてるキャラ絵とともに紹介される、っていうエンドロールも、かなりレアな作りで好印象なところ。

 1話目が今回だったら、すぐに決められたんだけど(^_^;) 切らなくてよかったです。次回以降とても楽しみ。



それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS)
白泉社
2011-12-20
椎名橙


Amazonアソシエイト by それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック