四月は君の嘘 #04「旅立ち」

「音楽が自由なんだよ。」


 全編戦闘シーンといっても過言ではないほどの、戦いな回でした。音楽漫画・アニメはそれほど数は見てきていないけれど、やはり惹き込まれる事が多いです。

 なんとかコンクールに間に合ったものの、やはり最初、公生君は自身の弾くピアノの音が消えていってしまった。それはピアノ諸共、自分も深い重い水の中に飲み込まれていく感覚。鍵盤を叩く鍵盤の音だけは聞こえ、そこから奏でられるはずであろう、音色は全くもって聞こえない。でもかをりちゃんのバイオリンは聞こえる。
 その状況から抜け出せず、演奏を途中で止めてしまった。

 でもその直後、かをりちゃんもまた、演奏を止めてしまった。止めただけで、彼女はなにも言わない。なぜなら、言いたいことはもう全部彼に伝えていたから。

 公生君は呪縛ともいえるその水の中から、自分自身を引き上げようとがむしゃらにあがき、そして新な旅へと旅立つことができた。ソリストとしての本領を魅せながら、かをりちゃんの伴奏者として、音を、奏でることが出来ました。

 もうコンクールとしての体はほとんど成し得てはいなかったものの、その場にいたほとんどの観客たちを魅了したことは事実。コンサート会場かのようなスタンディングオベーション。その喝采は然るべきものであったと断言出来ました。
 二人がアイコンタクトしながら、の場面で、椿ちゃんが何かを悟ったかのようなシーンも、この先の展開につながってくるんだろうな。あやねるのこの役、君町のときをちょっと思い出してしまった・・・


 演奏後、豪快に倒れてしまったかをりちゃん。もうすぐ終わるという四月。全然先の展開がわからないのだけれど、もうこの作品は自分の心を掴んで離さないのは、これもまた事実(^_^;) 今期はSHIROBAKOも良いから両方Blu-ray走ろうかなぁ。




光るなら(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
SMR
2014-11-19
Goose house


Amazonアソシエイト by 光るなら(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 四月は君の嘘 #4

    Excerpt: かをりと一緒にコンクールに挑む公生。しかし、やはり途中で音が聞こえなくなってしまいました!椿と渡に助けられて、かをりと公生は何とか時間までにコンクール会場にたど Weblog: 日々の記録 racked: 2014-11-02 15:44