四月は君の嘘 #18「心重ねる」

最後の、お願い。


 凪ちゃんとのワルツ。公生君は確実に彼女を成長させるために、すべてを費やしていました。
 彼女がピアノを始めた動機は不純だったと彼女はいうけれど、公生君にとってしてみれば、それ以外にはないだろう、と思えるもの。

 「誰かのために」

 彼が今ピアノを引き続けている理由、原動こそが、まさにこれ以外の何者でもないのだから。
 二人のワルツは確実に、それぞれの届いてほしい人へと、届いていました。凪ちゃんは兄へ。公生君はちゃっかりかをるちゃんに電話を通じて。


 どんどん色あせていくかをりちゃんでしたが、もう満足してしまっていたかをるちゃんでしたが、公生君はまだ、夢を見終わるには早い、そんなの許してくれませんでした。もう一度、もう一度彼女の横で演奏がしたい。それが彼の今の夢。同時にそれは彼女の夢にもなりました。
 思い返す彼女の姿が、だいたいが後ろ姿だなんて悲しいからね。できれば横顔でもいいから、できればその顔は笑顔であってほしい。

 もうゴールまで用意されてしまった感じです。着実にできあがってきてしまっている・・・ 先日のラジオでは、キャストの誰もが最終話で号泣してしまっていた、なんて話を聞いてしまったんで、もう楽しみっていう感情はなくなったw 覚悟を持って臨まなくてはと身が引き締まっただけでした。できれば最後はリアルタイムで見たいなぁ。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 四月は君の嘘 フジ(2/19)#18

    Excerpt: 第18話 心重ねる 公式サイトから胡桃ヶ丘中学の学園祭に出してほしいと凪に頼んだ公生。自分の演奏をかをりに届けたい。その想いを胸に、ふたりはステージに上がる。ついに始まった演奏。 だが、サポートである.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2015-02-22 15:43
  • 四月は君の嘘 #18

    Excerpt: 凪の学園祭で、公生と凪は連弾します。2人はそれぞれに思いを届けたい人がいました。ついに学園祭で凪と公生の出番がやって来ました。演奏するのは、チャイコフスキーの「 Weblog: 日々の記録 racked: 2015-02-22 18:13
  • 四月は君の嘘 第18話「心重ねる」

    Excerpt: 音楽が人の心を動かす。 今回は久々にカラフル展開だったかな。 公生の演奏で相座兄妹は覚醒、公生自身も演奏力がパワーアップ。 紘子さんの狙いはドンピシャだったようで。 公生に先生をさせたのは大当.. Weblog: のらりんすけっち racked: 2015-02-22 18:21