終物語 第三話「そだちリドル 其の貮」

終物語 第三話「そだちリドル 其の貮」

数学の妖精さん。


 阿良々木少年の一夏の思い出。数学を愛し続けて欲しいと願う少女との出会い。何よりも数学であり、唯一であること。それ以外については一切の会話はなく、見返りも求めることはなかった。彼女の目的はよもや本当に数学を愛してほしい、ということだったのではないかと思いそうになるほどに、彼女には数学しか見えていませんでした。

「僕はあの夏でできていた」

 そうとまで言い切るほどに、彼にとってあの夏は特別過ぎる夏でした。にも関わらず、彼女の不確かな存在に恐怖を感じ、その記憶をほぼほぼ消失させていたというのだから、なんとも信ぴょう性が疑われてもおかしくない気はします。人間の記憶なんてそんなもん、って言われるとそれはそれで納得はしてしまいますが、あんな可愛い子(大事)忘れるのだろうかと!

 もちろんその少女は老倉育ちゃんであることは明白。扇ちゃんではなくてもあのツインテールで、麻里奈さんの声でw 気づけます。

 育ちゃんが言っていたことはこれですべて理にかなった、むしろ当然の言葉であったことがわかりました。大げさでもなんでもなかった。当の本人がそう認識していたのだから誤りなど微塵もありませんでした。


 育ちゃんが望んでいた見返り。それはひどく重いものではありましたが、阿良々木君にできたことではあったのかも、とは思いました。決して結果論ではなく。そこまで阿良々木君が気づけなかったものなのか、という疑問は残りはしましたが、羽川さんがふと気づいた「なぜ阿良々木君の両親が警察官だと知っていたのか」も大きな疑問。

 まだ、まだ彼は忘れている? これまでの経緯を経て、突飛な結果が待っているとは思いがたいけれど、未だ尚何が待っているんだろ。
 たとえそれがなんであっても、彼女の彼への強い憤りは解消する気がしないのだけれど・・・





終物語 第二巻/そだちリドル (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2016-01-27


Amazonアソシエイト by 終物語 第二巻/そだちリドル  (完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 終物語 TokyoMX(10/17)#03

    Excerpt: 第3話 そだちリドル 其の貮 5年前の中1の1学期末テストで数学が芳しくなかった暦。 下駄箱の手紙で支持された場所を訪れた。 待っていた少女と数学の勉強を始めた。 夏休みは、廃屋に毎日通って数学の勉.. Weblog: ぬる~くまったりとII racked: 2015-10-22 14:07